髪の日焼け止めしてますか?紫外線が与える髪のダメージと防ぐ方法

太陽と青空

髪の日焼け対策してますか?

髪も肌と同じように日焼けしますが、顔や体とは違って目に見えにくい部分ですのでおろそかにしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

当サイト「シンプルケア探究」は北海道から発信していますので、本当に暑さを感じる真夏日になるのは7月下旬から8月の中旬くらいまでと少ないですが、それでもUV対策は欠かせません。

髪を傷めてダメージケアに悩む前に、こちらを参考にして頂ければ嬉しいです。

髪の毛も日焼けします。

あなたもご存知の通り、紫外線は老化を招く美容の大敵です。

そして体で一番日に焼けやすい部分はどこかというと、顔ではなく髪の分け目です。

頭部は顔よりも真っ先に紫外線があたり、もっとも無防備な部分です。
そして、紫外線は肌に大きなダメージを与えるのと同じように、髪への悪影響も大きいもの。

紫外線の影響で髪は変化しキューティクルがはがれ落ちる

髪はたんぱく質でできていて大部分をケラチンで占めており、いろいろなアミノ酸が合体して作られていますが、紫外線が当たることにより吸収され、髪を構成しているアミノ酸を酸化させて別の物質に変化します。

これによりケラチンがダメージを受けてしまいます。

また、紫外線による酸化はシスチン結合を分解してしまうために、髪を保護する役目をするキューティクルがはがれおち、枝毛や切れ毛に繋がりますし、メラニンも分解するため日焼けした髪が退色したように見えてしまいます。

髪の紫外線対策はどうしたらイイ?

日傘をさして歩く女性の後ろ姿

紫外線の肌への影響は広く知られていて日焼け止めが欠かせないということはよく聞きますが、髪の分け目に日焼け止めは欠かせないということはほとんどありません。

髪を健康に保つなら、髪にも紫外線対策は必要です。
とくに、紫外線量が多くなる5月~8月の期間は帽子や日傘を利用して、髪や頭皮が大量の紫外線を浴びないように注意しましょう。

曇りの日でも油断は禁物です。

帽子は通気性の良いものを

帽子は木綿や麦わら帽子など、通気性の良いものを。

頭皮が蒸れてしまうと常在菌を繁殖させ、頭皮トラブルをひき起こす一因になります。
そういった点ではかぶりっぱなしも避けたほうがいいでしょう。

外出時は必ずかぶり、室内では必ずとるといったほうがトラブル予防になります。
一見細かいことのようですが、蒸れの予防に効果がありますので肌の弱い人ほど大切です。

髪や頭皮用の日焼け止めスプレーを活用する

帽子や日傘のほかに最近では、髪や頭皮に使えるUVカットの日焼け止めスプレーをドラッグストアなどでてに入れることができます。

ただし、つけてそのままではだめで、肌用の日焼け止めクリームをしっかり落とすのと同じで、1日の終わりには必ず完全に洗い流すことを忘れないでください。
日焼け止めスプレーもそのままだと汚れと同じですから。

UVケアした方が良い外出時間の目安ってある?

結論から言えばUVケアした方がいい外出時間の目安はありません。
近場のコンビニに行くなら帽子等で紫外線対策をすればいいですが、一時間以上ならUVケアをするべきです。

また、最も紫外線量の強くなる正午にはUVケアをしたほうが懸命です。

見落としがちなのが夕方ですが、日差しが正午に比べて弱くはなるものの油断は禁物。
5時以降の日没直前まではUVケアをしたほうが得策です。

日焼けしまったときの対処法

サングラスと麦わら帽子とUVクリーム

頭皮は髪の毛に覆われていますが、太陽光が垂直に当たりやすい部分であるため、顔よりも日焼けしやすいと言えます。 その際にはしっかりと対処しながらアフターケアをすることが大切です。

頭皮が日焼けしたとき

とくに、夏場なんかは海水浴に長時間いて頭皮が日焼けしてしまうことは多々あるはず。
そんなとき、日焼けしてしまった場合は、とにかく冷やすことが大切です。

軽い痛みの場合は、冷やしたタオルを頭に乗せるなどして炎症を落ち着かせてください。
もし、頭皮がヒリヒリと痛んだり、赤みがひどかったりする場合は、当日のシャンプーは避けるべきです。

ぬるま湯で洗い流し、消炎作用のある軟膏で保湿したり化粧水で頭皮を保護してあげましょう。

頭皮に化粧水を塗ることは、保湿効果があるので効果的です。
ただし、美白成分やアルコールが入っているものは刺激が強い場合があるので避けるようにしてください。

日焼けした毛髪のアフターケア

毛髪が日焼けを起こしてしまうと、艶がなくなり、色も赤茶になり退色しごわごわした手触りになってしまいます。 そこで、大切なのが毛髪のアフターケア。

大切なのは紫外線を浴びてパサつきがひどくなった髪を放置せず、速やかに徹底したヘアケアをして栄養補給をしてあげることです。
トリートメントやオイルでヘアパックしてあげるといいでしょう。

日焼けした頭皮はピンクや赤茶色になっている

健康な頭皮は青白い色をしていますが、それがピンクや赤茶色など色味がある場合日焼けをしている証拠なので、髪の健康を守るのためにも日焼けにも十分に気を付けましょう。

The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。