種類別クレンジングの違い。テクスチャの目的と各特徴

あなたはクレンジングを選ぶ際にテクスチャを判断基準のひとつに入れていますか?

クレンジングのテクスチャっていくつも種類がありますけど、どんな役割なんでしょうか?
テクスチャはメイクを浮かすための「馴染ませやすさ」や「摩擦をやわらげる」というような役割があります。
テクスチャって、クレンジングを選ぶ上で大切なポイントなんですね。
そうですよ。
でもまずは「洗浄成分が優しいこと。」
その上でテクスチャが大事になります。

こちらでは、クレンジングの各テクスチャの特徴や使用感を一つひとつご紹介していきます。

メイクをした日は必ず使うクレンジングですから、あなたに合った優しいクレンジングを見つける参考に、少しでもなれば嬉しいです。

無添加なほど大切な役割を持つテクスチャ!

最初に「洗浄成分」についてご紹介しますね。
合成洗浄成分と植物由来、アミノ酸洗浄成分の洗浄力の強さの違いを表す図

アミノ酸系洗浄成分や植物由来の洗浄成分のクレンジングは、合成洗浄成分に比べて肌への負担も少ないですが、洗浄力もマイルドになります。

無添加で低刺激のクレンジングを使われる方が増えていますが、洗浄力が優しくなった分ゴシゴシ擦っていたら、角質を傷めてしまいますから肌に優しいクレンジングの効果も意味がなくなってしまいます。

メイクを落とす女性。無添加でもゴシゴシこすったら刺激になる
そこで、無添加のクレンジングを選ぶ上で大切になるのがテクスチャです。

無添加クレンジングの違いはテクスチャが大事

メイクを落とす際にゴシゴシ擦る摩擦を和らげてくれるテクスチャの目安が以下の通りです。
クレンジング別ゴシゴシ摩擦による刺激の違い

一般的に、オイルやリキッドよりもジェルやクリームを選びましょう。

と美容の専門家のあいだでも言われていますが、
それは一昔前のことで、テクスチャの優しさで言うと最近ではジェルやクリーム以上に弾力があるテクスチャがゲルやバームです。

その違いはやはり、メイクを落とす際ゲル・バームはテクスチャ自体がクッションになって、指先と皮膚がゴシゴシ擦れる摩擦をやわらげてくれます。
クレンジングによっては顔を触ってる感覚が無いままクルクル出来ます。

では、ここから一つひとつの特徴をご紹介しますね。
  1. クレンジングリキッド
  2. クレンジングオイル
  3. クレンジングジェル
  4. クレンジングゲル
  5. クレンジングミルク
  6. クレンジングクリーム
  7. クレンジングバーム(オイル×クリームのイイとこ取り)
  8. ホットクレンジング(毛穴ケアに)
  9. スクラブが入ったクレンジング(ごわつき・くすみケアに)
上記の順でご紹介していきます。

クレンジングリキッド

手に取り出したクレンジングリキッド

リキッドとは水のことで、ほぼ水の状態でサラッとしたテクスチャ。
洗浄力は高めで、中にはオイル並みのクレンジングもあります。

リキッドの特徴

テクスチャに粘度がないので、メイクに馴染みやすいのが特徴。
濡れた手でも使え、まつエクをしていても使えるものが多いです。

リキッドの注意点

ジェルよりも粘度が低いので洗浄力が低ければ肌を直接ゴシゴシ擦ることになってしまいます。

肌に優しいリキッドを選ぶポイント

無添加や天然成分配合で肌に優しくても確かな洗浄力なものを選ぶのがポイントです。

リキッドタイプのクレンジングは、優しく力を入れないように使うのが大事なポイントです。

関連コラム


オルビスはコスパ。アルファピニはオーガニックのこだわったクレンジングです。

クレンジングオイル

クレンジングオイルを手のひらに出した写真

クレンジングオイルは、その名の通りオイルでメイクを落とすクレンジング。

オイルの特徴

トロりとしたテクスチャですが、質感はリキッドに近いです。
ウォータープルーフなど落ちくいメイクもスルンっと浮かしてくれる洗浄力の高さが特徴。

オイルの注意点

ゴシゴシ擦らなくてもサッとメイクを落としてくれる反面、肌への刺激は大きくなります。
ミネラルオイルやエステル系オイルは洗浄力が強く乾燥の原因に。

肌に優しいオイルを選ぶポイント

植物由来の油脂を主成分にしたオイルは皮脂と似た成分で洗浄力は優れているけど肌への負担は少なく乾燥しにくい。

関連コラム

クレンジングジェル

手に取り出したジェルの写真

リキッドより粘り気のあるテクスチャです。

ジェルの特徴

各メーカーによってジェルの粘度に少し差がありますが、液ダレしやすいものもあります。

同じジェル状のテクスチャでも、オイルタイプとオイルフリータイプがあります。
ノンオイルは、洗浄力がマイルドなのでウォータープルーフなんかは落ちにくく、まつエクをしている方に向いています。

オイルタイプのクレンジングジェルは、オイルフリーよりメイク落ちも良いです。

ジェルの注意点

ジェルは、液ダレしないくらいの粘度がありますが、
使用量が少ないと、メイクに馴染ませる際にゴシゴシと摩擦の刺激を受けやすくなりますので、十分な量で使うのがポイントです。

肌に優しいジェルを選ぶポイント

石油系界面活性剤や鉱物油など刺激の強い洗浄成分が不使用の優しいものを選ぶのがポイント。

クレンジングゲル

手に取り出したゲルの写真

ジェルよりも水気が少なく粘り気があるテクスチャです。

ゲルの特徴

ジェルと似ていますが、ゲルはジェルよりも水分が少なく弾力性があるのが特徴です。

液ダレせずに使えて肌にスーッと張り付くように乗ります。
指でクルクルとメイクを落とすときのゴシゴシ摩擦を和らげてくれます。

ゲルの注意点

テクスチャによる注意点はありませんが、ゲルタイプは種類が少ない。

肌に優しいジェルを選ぶポイント

テクスチャは優しいので成分も無添加にこだわると、より肌に優しいクレンジングが選べるでしょう。

ゲルは肌と指の間でクッションとなってメイクを落とす負担を軽減してくれるので、肌の弱い人や乾燥しやすい人に向いているクレンジングです。

関連コラム

リダーマラボはこんにゃくスクラブが入っていて、メイクオフと同時に角質ケアもしてくれます。
フルリは毛穴への検証結果が医学誌に掲載・肌再生医学会の認定も取得したサロン品質のクレンジング。
どちらもノンオイルです。

クレンジングミルク

クレンジングミルクをメイクした肌に乗せている写真

ミルクタイプは、なめらかで洗浄成分もマイルド。

ミルクの特徴

ナチュラルメイクに向いたクレンジングです。

ミルクの注意点

メイク浮きがあまり良くないものが多く、濃い目のメイクには向かないというデメリットがあります。

また、テクスチャに粘性が低いためゴシゴシ擦ると摩擦が肌に直接伝わりやすいので、力を入れないように優しくクルクルして浮かせましょう。
1回分の使用量をケチると摩擦が加わりやすくなるため、たっぷり使って落としましょう。

肌に優しいミルクを選ぶポイント

洗浄力が優しい傾向にあるため、薄いメイクの方向けです。

もしもミルクタイプのクレンジングを使ってるのに肌トラブルを引き起こしやすいなら、洗浄力が弱すぎてメイクが落ち切れていない可能性も考えられます。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームを指ですくい取っている写真

クリームタイプは、こっくりとしたテクスチャで洗浄力もそこそこあるのが特徴。

クリームの特徴

ある程度の粘性があるので、ゴシゴシ摩擦をおさえてくれます。

洗浄力が優れているものもありますが、基本的に優しいものが多く肌への負担も少なめ。

クリームの注意点

粘度の低いものはゴシゴシ擦らないように気をつけましょう。
また、お風呂では効果が発揮しにくい傾向も。

肌に優しいクリームを選ぶポイント

テクスチャは優しいので配合される洗浄成分が優しいものを選ぶのがポイント。
濃いメイクにはあまり向いていません。

ミルクやジェルよりも少し洗浄力がある。というイメージ。
優しいものが多いです。

クレンジングバーム(オイル×クリームのイイとこ取り)

肌に乗せると体温で柔らかくトロけるのが特徴です。

バームの特徴
セルフューチャー洗顔バームを手のひらに乗せた写真

シャリシャリしたタイプはトロけるとクリーム状に変化し、ハチミツのようなタイプはクリーム状へと変化します。

手のひらに乗せたセルフューチャー洗顔バームがとろけた写真

クレンジングバームは「オイルとクリームのイイとこ取りしたクレンジング」と言われるように、洗浄力は優れていながら肌への刺激や負担も比較的少ないクレンジング。

バームの注意点

基本的に乾いた状態で使うクレンジングです。
まつエクに使えるものは少ない。

肌に優しいバームを選ぶポイント

植物由来の油脂を主成分にしたオイルは皮脂と似た成分で洗浄力は優れているけど肌への負担は少なく乾燥しにくい。

関連特集

バームは密着力があって、洗い上がりで美容成分のしっとり感を実感しやすいクレンジングです。
しっかりメイクをする方、乾燥を予防したい方に向いています。

ホットクレンジング(毛穴ケアに)

クレンジングを乗せてマッサージすることで発熱成分が肌を温めてくれるクレンジング。
毛穴の黒ずみケアに選ばれています。

手のひらに乗せたマナラホットクレンジングの写真

ホットクレンジングのテクスチャはジェルやゲルが一般的。

ホットクレンジングの特徴

グリセリンをはじめとした発熱する成分が、肌の水分と混ざることで熱を発してポカポカ温かさを感じます。

温感効果によるメリット
  • 温めることで肌をほぐし毛穴を柔らかくする
  • 温めることでメイクが浮きやすくなる
  • 血行が促進されターンオーバーを促す
  • 肌が温まるので、保湿化粧品の浸透が良くなる
  • ホットタオルを用意する必要がない
などのメリットがあります。
毛穴ケアと言えばホットタオルを使った方法がありますが、
ホットクレンジングは温感効果で温めてくれますので蒸しタオルを用意する手間を省いてくれます。
実際に使うと、この温感マッサージで実感できるくらい肌がポカポカしてきますよ。
ホットクレンジングの注意点

敏感肌の場合、中には温感効果が熱く感じる方やヒリヒリする方も。
数多くのホットクレンジングが出ていますが、温感効果にはバラツキがある。

ホットクレンジングの使い方・手順
  1. クレンジングを肌に広げ温感マッサージ。
  2. 少し水を加えてクルクル(指先を濡らす程度でOK)
  3. すすぐ
「乳化」とはクレンジングに少し水を加えてあげることです。
ゲルが白濁した状態になってメイク浮きが良くなります。

ホットクレンジングを乳化させると…

フィトリフトホットクレンジングジェルを指先でクルクルとメイクに馴染ませている写真

ほんのりポカポカしてきたら、少し水を加えて乳化させます。

フィトリフトホットクレンジングジェルを乳化させクルクルとメイクを浮かせている写真

少し水を加えると白濁してきて、するとスルスルとメイクが浮いてきます。

ある程度濃いメイクでも良く落ちてくれます。

スクラブが入ったクレンジング(ごわつき・くすみケアに)

クレンジングにこんにゃくが原料のスクラブが入ったクレンジングもいくつかあります。

スクラブクレンジングの特徴

リダーマラボ モイストゲルクレンジングのゲルを手のひらに乗せて撮影した写真

スクラブは「こんにゃくが原料」というのが優しさのポイント。
こんにゃくスクラブは赤ちゃん用のスポンジにも用いられる素肌に優しいもの。

メイクした肌にリダーマラボ モイストゲルクレンジングを馴染ませている写真

クルクルとメイクに馴染ませている間に、プニプニしたこんにゃくスクラブが角質や毛穴をケアしてくれます。
ごわつく角質やくすみケアにおすすめです。

リダーマラボ モイストゲルクレンジングでメイクを浮かせた写真
スクラブクレンジングの注意点

スクラブの種類や量・硬さがクレンジングによって違う。
スクラブの量が多いとメイク浮きが悪くなる傾向も。

肌に優しいスクラブクレンジングを選ぶポイント

赤ちゃん用スポンジにも用いられる「こんにゃく由来のスクラブ」を選ぶのがポイント。

このような方に
  • 角質のゴワゴワが気になる
  • 肌のざらつき・ガサガサが気になる
  • ピーリング剤を使うのはイヤ
  • 肌が弱いから優しい角質ケアをしたい
  • 時短ケアで肌をスベスベにしたい
という方におすすめですよ。

クレンジングは毎日使うものなので、1回の使用で見違えるほどのスクラブ効果は期待できませんが、肌触りもザラザラ感が少なく(スクラブの多きさによる)毎日使うのにも優しいです。

関連特集

毎日使うから大事。肌質に合ったクレンジングは?

ここまでテクスチャによるクレンジングの種類をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
テクスチャで肌をゴシゴシ擦ってしまうことを防いでくれますから、角質を傷めてしまわないテクスチャを選びたいですよね。
クレンジングはメイクした日は毎日使うものですから、優しいものを選びたいですよね。

低下したバリア機能を回復させる為の洗顔料の選び方

2014.11.22

肌質で選ぶクレンジング特集

The following two tabs change content below.

azu(アラフォー・超乾燥肌)

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して勉強中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して勉強中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。