洗顔後のお肌が所どころ赤みを帯びてしまう方は・・・

入浴後や洗顔後、お鼻の周りやTゾーンなど皮脂や油分の分泌が多い箇所が所どころ赤くなってしまう方、それは湿疹や炎症を起こしている可能性が高いでしょう。

敏感肌の方はもちろん、乾燥肌や混合肌の方にも多く見受けられる症状と言えますが、炎症の原因は、皮脂や油分の過剰分泌であることが多いです。

皮脂が過剰に分泌するとお肌が負けて炎症を起こしてしまう事があります。

主な原因の一つとしては、
洗浄力の強い洗顔料やゴシゴシ洗って皮脂を洗い過ぎてしまっている事でしょう。

そもそも湿疹や炎症を起こしやすい方は、元々お肌の弱い方が多いと思います。

赤みや異常なベタつく原因から、私の経験を交えて改善方法まで詳しくご紹介します。

顔をおおう皮脂は肌を守るために必要

まずは、皮脂は悪じゃないということを抑えておく必要があります。

肌の断面のイメージ画像。表皮の厚さは約0.02ミリ

新陳代謝によって分泌される皮脂は、

  • 肌を紫外線やホコリなど外部刺激から肌を守る
  • 皮膚にうるおいを閉じ込めて健康な状態を保つ

ために必要ということです。

皮脂は古くなると垢(アカ)になりますけど、奪い過ぎは肌バリアを弱める原因になります。

入念に洗顔するほど悪化する恐れも

洗顔後の赤みを洗面台で確認する怪訝な女性

皮脂は役割があって分泌されていますから、普段からゴシゴシ洗っていたり、洗浄力の強い洗顔剤を使っていると、皮脂を奪いすぎてしまい、不足した分を補うために分泌が増えます。

分泌が増えるとべたつき易くなり、更に肌バリアが弱くなってるから過剰な皮脂に肌は負けて赤く炎症を起こしやすくなります。

なので、炎症やベタつきが気になるからと言って、

いつもより念入りにゴシゴシ洗うのは禁物です。

「ちゃんと洗おう」
「しっかりキレイにしよう」

という意識が逆に赤みやベタつきを悪化させる原因になる恐れがあります。

年齢に応じて肌の変化を知ると、洗顔も変えるべきとわかる!

クレンジングや洗顔後の赤みを感じている方の中には、

「若い頃は気にならなかったのに…」
「年齢のせいかな」

30代や40代の方は、特にこのように感じている方も多いのではないでしょうか。

20代後半から水分量の低下が始まり、30代後半からは皮脂の分泌も低下が始まる。年齢とともにターンオーバーが遅れていく

女性の皮膚は、
20代後半から水分量の低下が始まります。いわゆる老化の始まりとも言えます。

それだけでなく、30代の半ば頃をさかいに皮脂や油分の分泌量も低下していきます。

20代の頃は代謝も活発だからトラブルが少なかった方も、30代、40代になって皮脂の分泌が減っているのに、洗顔して、クレンジングしてダブル洗顔してと20代の頃と同じように洗っていたら皮脂を奪い過ぎる原因になります。

ターンオーバーが遅れてくるという事は、肌の若さを保ちにくくなるということです。

怪我の治りが遅くなるのと同じ事ですから、洗う頻度やペースも減らすべきですし、刺激や負担となる洗顔料の優しさにもこだわる必要があるでしょう。

脂分の過剰分泌を抑える予防の為のお手入れ

一度、炎症が起こる肌サイクルに陥るとなかなか簡単には改善しにくいでしょう。

日頃の皮脂のとり過ぎ、洗い過ぎで皮脂の過剰分泌が常態化

皮膚科に受診するなどして塗り薬などで炎症を抑えながら、赤みの原因となる洗顔を見直して肌サイクルを整えてあげることが、地道ではありますが炎症を防ぐ方法の一つです。

洗顔料は皮膚科で奨められる薬用のものでも良いでしょう。

また、クレンジングや洗顔料は無添加のものや美容成分が配合された肌に優しいものを選びましょう。
洗い方を優しくしても、安価な合成洗顔料は、それだけで洗浄力や肌への刺激が強めですからデリケートな肌には負担が大きいです。

洗顔を見直すまで繰り返した私の体験

現在アラフォーになる私自身、20代後半から皮膚科への通院を繰り返していた経験があります。

薬があるうちは炎症を抑えられていましたが、薬が切れるとすぐに赤くなる繰り返しでした。

皮膚科で薬とビタミン剤を処方される

      ↓

少し良くなる

      ↓

薬が切れる

      ↓

悪化する

      ↓

皮膚科へ

うんざりするくらい繰り返しました。泣

薬が切れるたびに通院していましたが、私自身根本的に改善する方法はないかといろいろ試した結果、洗顔料を見直すことで薬が切れたときに繰り返す炎症が徐々に和らいできたのです。

原因が洗顔料やクレンジングにあったのです。
(当時の皮膚科医のアドバイスも正直あまり参考になりませんでした。)

病院は治療するところですからね。
予防に関しては特に先生によって知識に差があるのは仕方がないことかもしれませんが、いろいろと試した結果、原因はスキンケアの方法にあったわけで予防は自分でする必要があることに遠回りしましたが気づいたわけです。汗

原因が洗顔にあったと気づいたから

薬で赤みやベタつきを抑えたとしても、原因が洗い過ぎ・奪い過ぎにあったのですから、治るわけありませんよね。汗

分泌量が増えるのは奪い過ぎているからであって、奪い過ぎたまま赤くなった肌を薬で治しても、薬がなくなればまた赤くなるのは考えてみたら当然でした。

ただ、当時はネットで何でも情報が取れる時代でなかったため(2005年頃)、「ちゃんとお手入れしなきゃ」という気持ちから、洗い過ぎが良くないという認識がなかったのです。

洗顔後の赤みやTゾーンのベタつき・湿疹改善に向け私が取り組んだ事

洗い過ぎは肌を守る皮脂を奪い過ぎ、逆に不足した皮脂を補うために分泌が増えると言う事をお伝えしました。

私自身、赤みやベタつきが気になりだしたときは

「しっかり洗えてないんじゃないの」
「すすぎが足りないのかな」

と、それまでより入念に洗うように意識して更に悪化しました。


そして炎症が酷くなって皮膚科を受診した際、

「良くなるまであまり洗わないで下さい」
「化粧品はあまり使わないで下さい」

と言われたことを踏まえて、私が改善のために取り組んだ方法をご紹介します。
洗顔後の赤みやベタつき・湿疹改善に向け私が取り組んだ7つのこと
  1. 洗顔料(クレンジングを含む)を優しいものに変える
  2. 朝晩洗う
  3. ダブル洗顔は止める
  4. 保湿は欠かさずに(ただし悪化してるときは注意)
  5. 脂っこいものはできるだけ控える
  6. 睡眠不足も良くない
  7. サプリメントもおすすめ。
上記は重要度順です。
では、一つひとつ詳しくご紹介しますね。
洗顔料(クレンジングを含む)を優しいものに変える

ほとんどのケースで洗い過ぎが原因と考えられます。
乾燥しがちなのにカサカサになるまで洗っていると、肌を守る皮脂を奪い過ぎてしまうので分泌が増えます。

皮脂は肌をおおう私たちのカラダが作り出している成分。
必要な皮脂を奪い過ぎてカサカサな状態でいると「皮脂が足りない」と判断して分泌が増えます。

まずスキンケアでできる事は、保湿ではなく洗顔を優しいものに変えること。
特にクレンジングはメイクを落とすために刺激が強いので無添加で優しいものに。

朝晩洗う

べたつくのは「洗い過ぎが原因」といって、突然洗う回数を減らしたり洗顔料を使わない「ぬるま湯洗顔」はおすすめしません。

脂分の分泌が増えて、肌が負けて炎症や赤みを引き起こしているので、余分な皮脂は取り除いてあげなければベタついて更に赤みや炎症を悪化させかねません。
余分な皮脂は「優しい洗顔料」で取り除きながら、少しずつ長い期間をかけて皮脂の分泌を正常に戻しましょう。
気長に取り組む必要があります。

赤みだけの方は洗う回数を減らす

赤みが出ているだけの場合は、炎症を引き起こしているので洗顔料を使う回数を掘らした方が良いです。
夜だけ洗う方法が良いでしょう。

ひとつだけ付けくわえますと、
当時、皮膚科医に言われたように、
塗り薬で湿疹が治まっているなら、洗わない方が良いと思います。
ダブル洗顔は止める

朝晩洗うことをおすすめしましたが、ダブル洗顔は止めた方が良いでしょう。
クレンジングした後、どうしても脂分が気になる場合は仕方ないとしても、メイクを落として、あとは寝るだけならダブル洗顔はおすすめしません。

  • 皮脂の奪い過ぎを防ぐ
  • 皮脂の分泌サイクルを正常に戻す

のが目的です。

保湿は適度に欠かさずに。

肌表面がべたつくからといって「保湿しない」のはおすすめしません。
べたつきやすいからと保湿しなければ、インナードライ肌になる恐れがあります。

サッパリできるものでも良いので、朝の洗顔後と夜メイクオフしたあとは保湿しましょう。
ヒアルロン酸やコラーゲンだけでなく、セラミドにも注目して選ぶことをおすすめします。

ただ、赤みが出やすい状態のときって、保湿化粧品で赤みが悪化したりしてませんか?
できるだけ無添加で刺激の少ないものを選ぶことをおすすめします。
ひとつで済むオールインワン化粧品がおすすめです。

赤みで湿疹が悪化して皮膚科に行ったとき「良くなるまで化粧品は使わないようにしてください」と言われました。
あまりヒドイときは、洗顔後はワセリンを薄く塗るという対処法もありますのでヒドイ場合は試してみて下さい。

あと1点付け加えると
オーガニックなら良いとも限りません。

無添加で優しい化粧品となると「オーガニックの方が良い?」と思うかもしれませんが、注意が必要かもしれません。
天然成分だから優しいとは限らないからです。

草花に触れて肌が荒れることがあるように、肌が荒れたデリケートな状態なら人によっては刺激になるかもしれないからです。

脂っこいものはできるだけ控える

私たちのカラダは食べるものから栄養を頂いています。
脂っこいものを摂り過ぎると、カラダはべたつきやすくなる原因になります。 バランス良い食事を心がけながら、脂っこいものはできるだけ控えることをおすすめします。

睡眠不足も良くない

夜更かしや徹夜したときって、なんだかベタベタしやすくなりませんか? 美容には睡眠も大事ですが、それよりもべたつきを抑える生活を心がけたいですよね。

サプリメントもおすすめ。

外側のお手入れはクレンジングと洗顔石鹸がカギになりますが、内側からのケアは栄養バランスです。
仕事や学業や子育てなど、何かと忙しくて栄養バランスに不安がある方はサプリメントで補うのも良いと思います。
私も皮膚科に通っていた時は、塗り薬と一緒にビタミン剤を処方されていましたから。

取り組みたいスキンケアまとめ

  1. 洗顔料(クレンジングを含む)を優しいものに変える
  2. 朝晩洗う(赤みだけの場合は夜のみ)
  3. ダブル洗顔は止める
  4. 保湿は欠かさずに(ただし悪化してるときは注意)
  5. 脂っこいものはできるだけ控える
  6. 睡眠不足も良くない
  7. サプリメントもおすすめ。
「しっかり洗おう」「ちゃんとケアしよう」から、肌に触れる基礎化粧品の質は高めながら、思いっきりズボラなケアに変えました。
「ズボラ…」と言い切ってしまうのは誤解を招くかもしれませんが…。

「肌にとって最適なケアを最低限にした。」というのが正しいかもしれません。
女性は男性と違って、化粧しますからその分ケアは欠かせません。

私たちのカラダは、食べ物からできていますし毎日の習慣、毎日のスキンケアが肌のコンディションを整えています。

  • 鍛えれば筋肉がつく
  • 炭水化物ばかり摂っていたら太る
  • 偏った食生活は便秘になる

というように、スキンケアも間違っていたら肌はサインを発しますし、スキンケアが正しければキレイな肌をキープできるでしょう。

私はこのことに気づくまで時間がかかりました。

クレンジングはメイクが落ちれば良い。
メイクオフしてカサついていても「しっかりメイクが落ちたんだ」というくらいの認識でした。

クレンジングは負担が大きい反面、優しいものに変えると最初はメイクを落としてもサッパリできなかったり、イヤなベタつきを感じるかもしれません。
でも、スキンケアの方法を変えてそれを続けたら、肌も慣れてきます。

改善するまでの目安

それは人によって2ヵ月かもしれませんし半年や1年かかるかもしれません。

年齢や肌質、症状の度合いが違うのですから。
もちろん、個人差はあるでしょう。

また、若い人ほど治りが早いでしょう。
これはターンオーバーの速さに関わっていると言えます。
若い人ほど新陳代謝が活発ですから。

スキンケアを思い切って見直した場合、最初は我慢も必要です。
皮脂の分泌が増えてるのに、クレンジングや洗顔の洗浄力を落とすのですから。

私の場合は特にヒドイ状態だったこともあり、肌の状態が安定するまで2年くらいはかかったと思います。

ただし、その前から良い効果や手ごたえは感じてました。
3~6か月くらいで変化を実感して、
「間違ってないのかな」
「このまま続けてみようかな」
と感じる事ができたからです。

この方法は何か特別なケアをするのではなく、手間を減らして「毎日使うものの・肌に触れるものの質を高める」という考えですので、続けるのは簡単ですからあなたも「赤み・炎症」「ベタつき」の悩みを抱えているなら試しに半年くらい続けてみてほしいと思います。

そして、手ごたえを感じたらずーっと続けてみて下さい。
続けるほどに肌が良いサイクルになっていきます。

まずは何から始める!?

まずは洗顔料から」です。
そして、特にクレンジングから変えてみることをおすすめします。

理由は、先ほどもお伝えした通り
クレンジングは肌への負担が大きいからです。

ベタつきや赤みが出ている混合肌に

⇒皮脂バランスを乱した混合肌に実際に使って良かったクレンジング。

悪化したときの治療と予防の具体策

もしも、赤みがひどくなったり、一向に良くならないと感じたときは我慢せず皮膚科を受診してほしいと思います。

治療と予防の方法

化粧品やスキンケアは予防の為に毎日続けることで、すぐに改善できるものではありません。

肌の赤みも悪化すると皮膚炎です。
薬で治療しながら、原因となる間違ったスキンケアの見直しをしていきましょう。

保湿した後に肌を保護するワセリン

肌の乾燥を防ぐ対策としてワセリンが効果的です。

赤みが気になる部分にワセリンを塗って保護する方法もおすすめです。


ご存知の方も多いと思いますが、
ワセリンは薬局などで購入できる安価なスキンケア用品です。

ワセリンは肌に膜を張って、皮膚から水分が蒸発していくのを防ぐことができ、皮膚を保護する働きもあります。
ワセリンは油分ですから、働きとしては皮膚の上をコーティングするだけでなので副作用も起こりにくく刺激も少ない為、安心して使いやすいものです。
皮膚であれば顔から足まで使えます。

ただし、少量でもわりとベタつくので使い勝手は良いとは言えません。

化粧をするときは使いにくいですが、夜メイクを落として保湿してから、赤く炎症を起こした部分にワセリンを薄く塗って朝までの間コーティングしてあげると良いでしょう。 (皮膚科医から推奨された方法で、私自身試した実感として乾燥とかゆみも収まるのでおすすめです。)

白色ワセリンはネットでも購入できますよ。

赤み・炎症・べたつきを予防するクレンジングのおすすめは!

優しくて良いクレンジングは沢山ありますが、今まで使った中でおすすめのクレンジングをご紹介します。
  1. ヒドイ方におすすめの1つ
  2. 早めのケアを始めたい方におすすめ3つ

ご紹介しますので、
ここまでご覧くださって、「それで?どんなクレンジングがいいの?」という部分で参考にして頂けると嬉しいです。

赤みやベタつきがヒドイ方へおすすめのクレンジング

購入したラミナーゼモイストクレンジングバームを手に持った写真
  • 赤みやベタつきが異常。
  • メイクオフしたら赤みがヒドイ
  • 皮脂バランスを乱してゴワゴワしてる
  • 朝起きたらベタつきが気になる
  • 日中もメイクがヨレるほど皮脂が多い

というような、特にヒドイ方には ラミナーゼモイストクレンジングが良かったですよ。

ラミナーゼが良かった理由
  • 洗浄成分が配合されていない
  • バームの粘性でゴシゴシ摩擦を防いでくれる
  • メイクを浮かせながら美容成分の浸透も助けてくれる

ラミナーゼモイストクレンジングバームは「洗浄成分を配合していない」ので、刺激や負担が少ない点とくすみや毛穴にも効果が期待できるので「乱した脂分を整えながら美白効果」も期待できるクレンジングです。

初回1,500円(1本約2ヵ月分)
30日間返金保証付きで定期縛りもナシ
2回目以降は4,050円
1本約2ヵ月分で定期コースの間隔も最初から2ヵ月毎。変更も可
1ヶ月当りにすると2,025円

ラミナーゼの公式キャンペーンを見てみる

→ラミナーゼ モイストクレンジングバームを使った感想を見てみる

赤みや湿疹などヒドイ方は1本約2ヵ月分なので試してみてはいかがでしょう。
2ヵ月も使うと違いを実感できると思いますよ♪

赤みベタつきの早めのケアを始めたい方におすすめのクレンジング

  • 所どころ赤みが出る
  • Tゾーンの脂が気になる
  • 混合肌を早めに何とかしたい

まだ悲惨な状態というほどではないけど、
いつの間になってしまった混合肌を何とかしたい
という方へ

  • ノンオイルのゲル
  • 油脂系のバーム
がおすすめです。

ゲルはジェルよりも粘度がありクッション性が高くゴシゴシ摩擦を防いでくれます。

バームもゴシゴシ摩擦を防いでくれますし、メイク浮きが優れているのでバームは濃い目のメイク向きです。
どんなアイメイクも落ちる。という確証はありませんが、強力なポイントメイクリムーバーをできるだけ使いたくないという方にもおすすめです。

ノンオイルのゲルなら
  • リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
  • フルリクリアゲルクレンジング
バームなら
  • セルフューチャー洗顔バーム
各特徴と価格や機能など下記に一覧にしました。

リダーマラボはコスパが良いです。
そのうえコンニャクスクラブが少し入っていてメイクオフしながら優しく角質ケアもしてくれるドクターズコスメ

フルリはサロン品質の無添加で優しさは抜群。
価格もそれなりですが、デリケートな敏感肌におすすめです。

セルフューチャー洗顔バームは、2,054円と
バームの中では費用も抑えられていてコスパが良いです。
朝晩の使用で約1ヶ月分なので、夜メイクを落とすときだけの使用なら 1ヶ月半くらいは持つはずです。

摩擦を防ぐ効果が高い
ゲルやバームは実際に使ってみると、意識して力を入れてゴシゴシしないと肌に直接摩擦は伝わらない
というほど。
メイクを落とすときって、ついついチカラが入ってしまうことよくありますよね。
「無添加でやさしい」に加えゲルやバームなら摩擦による刺激も防いでくれます。
クレンジング セルフューチャー 洗顔バームをスパチュラですくっている写真
デュオクレンジングバーム
購入したフルリ クリアゲルクレンズを手に持った写真
フルリ クリアゲルクレンズ
購入したリダーマラボ モイストゲルクレンジングを手に持った写真
リダーマラボ モイストゲルクレンジング
使い方 ダブル洗顔不要 ダブル洗顔不要 ダブル洗顔不要・まつエクOK・濡れた手OK
容量 90g(朝晩使用で約1ヵ月分) 150g(約1ヵ月分) 150g(約2ヵ月分)
初回購入価格 ¥2,057(送料無料) ¥2,900(送料無料) ¥2,848(送料無料)
初回特典 割引き価格30日間返金保証 割引き価格無期限返金保証 もう1本もらえる14日間返金保証
2回目以降 2,057円 2,900円 2,615円
定期コース 回数の縛りナシ 初回お試し
※別途申し込み必要
初回お試し
※別途申し込み必要
1ヶ月当りのコスパ 初回1ヶ月当り1,800円
2回目以降1ヶ月当り2,880円
1ヶ月当り2,900円 初回2本なので4ヵ月間1ヶ月当り712円
2回目以降2ヶ月毎なら1ヶ月当り1,308円
キャンペーンサイト

※キャンペーンの内容は変更になっている場合がありますので、公式サイトでもご確認ください。

因みに
リ・ダーマラボは初回お試しでもう1本もらえるので、実質半額
2本で約4ヵ月使えるのでお財布への負担を減らしながらじっくり使えます。

赤みをシンプルにケアしてくれる保湿化粧品

赤みが出ていると肌もデリケートな状態ですし、保湿化粧品はあれこれ使いたくないところ。
でも、だからといって保湿をおろそかにするのもちょっと心配ですよね。
シンプルに保湿しながら、同時に赤みもケアしてくれる、赤ら顔・敏感肌のための保湿化粧品がありますのでご紹介しておきますね。
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

こちらは、1本5役のオールインワンタイプ。

古くから創傷治癒や赤みを抑える用途に使われてきた希少植物「アンボラ」が配合されており、

肌バリアに欠かせないセラミドはヒト型セラミドが5種類。

セラミド6Ⅱ・セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド5それぞれの役割

皮膚表面を覆う成分のスクワランも配合されていて、肌トラブルの改善に欠かせないバリア層を正常な厚みに導く助けとなります。

ウルウの全成分表示
水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6Ⅱ、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン
※水は特殊浸透水を使用。(角質層まで浸透)※ダイズステロール・水添レシチンはセラミド原料の含有成分。

成分も非常にシンプルで防腐剤を使用していないため、
常温・未開封で使用期限は1年間 (通常の化粧品は未記入の場合3年です)
開封後は2ヵ月が使用の目安となっています。
(※傷・湿疹等お肌に異常がある時は使用しないでください。)

ウルウシェイクモイストミルクは、
110mlとたっぷり使えてWEB限定初回3,600円(送料無料) 回数の縛りもなく2回目以降も同価格の3,600円で続けられます。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクのWEB限定キャンペーンを見てみる

肌の代謝や皮脂バランスを整えるのに欠かせないビタミン

肌の事は、カラダの事でもあるので内面からのケアも欠かせませんよね。
私が肌トラブルが悪化して皮膚科に行ったとき、いつも処方されるビタミン剤がありました。
そのビタミンがB2とB6でした。

皮脂バランスや肌の代謝を上手く行うために欠かせないビタミンだと分かったので、こちらにまとめました。
【関連コラム】
⇒肌が弱い、皮脂バランスが乱れがちな肌の必須ビタミン!B2とB6について

さいごに

最後までご覧になって頂いてありがとうございました。

ご紹介したように、ここまでご覧になって頂いた方で私ほど悪化させてしまった方は少ないと思います。
なので、「ちょっと大げさじゃないの?」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。

赤みや炎症も軽い方は、クレンジングを見直しただけで少しずつ変化を実感できると思います。

仕事で忙しい方はなかなか難しいかもしれませんが、ヒドイ方は皮膚科に行くこともおすすめします。
皮脂を分泌する代謝サイクルを乱しているので根本的な改善にはなりませんが、塗り薬は炎症を抑えてくれるでしょう。

そのうえでクレンジングや洗顔石鹸も同時に変えていくと、少しずつ良くなっていくと思いますよ。

→Tゾーンの赤み・ベタつき、炎症の予防におすすめのクレンジング特集

→ラミナーゼ モイストクレンジングバームを使った感想を見てみる

→リダーマラボクレンジングの良い点・気になった点を発表するレビューを見てみる

The following two tabs change content below.

azu(アラフォー・超乾燥肌)

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して勉強中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して勉強中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。