乾燥肌の保湿は保水力を高める成分を与える

なぜ肌は乾燥してしまう?!乾きやすい肌には保水力を高める成分を!

乾いてカサカサな目じりを鏡でチェックする女性

私たちの肌は、代謝で元気になろう!良くなろう!としています。

美容成分と、ポイントを抑えたスキンケアで
乾燥しやすい肌。
潤いにくい肌を
満たされた肌に変えていく方法をご紹介します。

そもそも乾燥肌とはなに?!乾かないのは保湿成分のおかげ

乾燥肌は様々な肌荒れを起こしてしまいますが、ではいったい乾燥肌とはそもそもなんなのか。
きちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

健康な肌は角質層に約30%の水分が含まれていますが、これが30%以下になったのがいわゆる乾燥肌です。

空気が乾いてきて湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。

しかし、人間の肌には水分を守る保湿成分がきちんと働いていれば湿度が0%になっても、水分は蒸発せずに保たれます。
つまり保湿成分を作る力が低下すると肌は乾燥するのです。

保湿成分として乾燥肌に最も重要な成分はセラミド!

細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質(主にセラミド)を解説する角質層のイラスト解説

保湿成分として最も重要なセラミドは、角質細胞間脂質の一種です。

角質細胞間脂質とは、
角質細胞の間にあって角質細胞どうしを繋ぎあわせている脂質の一種です。

いろいろな脂質が混ざり合ってできていますが、そのうちの約40%がセラミドであとは遊離脂肪酸などが含まれます。

これらの脂質が働きあって肌の水分を守り、外的刺激から肌を守るためにも大きな役割を果たしています。

では乾燥肌になるのはなぜ?!それは保湿成分が正しく働かずに水分が不足してしまうから

つまり、保湿成分たちが正常に働かなくなって水分が異常に低下したのが乾燥肌です。

保湿成分は年齢とともにその生産量は減ってくるので、角質層の水分量も同時に減り、年を重ねるほど肌は乾きやすくなっていきます。

勘違いしやすいのが
油分が少ないのを乾燥肌と思っている人。

乾燥するかどうかというのは水分が多いか少ないかなので油分が多い、少ないではありません。

乾燥するとどうなるの?!角質が厚くなり肌はゴワゴワに!

足裏のかかとを虫眼鏡で拡大した写真

乾燥すると、肌は硬くゴワゴワしてきます。

脚の裏などと同じように顔の皮膚も乾燥すると固くなり、シワっぽく見えてしまいます。

肌が荒れて化粧水が入っていかないという人は、肌が硬くなりすぎたとき。
硬くなるのは、角質層が厚くなるため。

角質層はもともと肌を外の刺激から守るためにあるので、乾燥して角質のバリア機能が損なわれるとより一層肌を守ろうとして厚くなってくるんです。

肌が硬くなったら悪循環をリセット!角化は肌にとって大切なもの!

ところが、刺激から守ろうと急いで角質層を作ろうとするために生産が追いつかなくなり、未熟な角質細胞ができてしまうことがあります。

表皮細胞から角質細胞に変わっていく過程を角化というのですが、角化は通常約28日かかります。
ターンオーバーというものです。
(ただし年齢とともに周期は長くなっていきます。)

角化の過程の中で、天然保湿因子やセラミドも作り出されるわけですから、角化は肌にとってとても大切なもの。
肌が乾燥し、大慌ての角化が起こり未熟な角質細胞がどんどんできて、できそこないの角質層ばかり厚くなり、、と悪循環。

慢性的な肌荒れや湿疹によくみられる、皮膚が厚く硬くなった状態がこれに相当するので、こうなったらまずは保湿ですが、角化の悪循環をリセットするために、厚すぎる角質層をピーリングで取り去ることも有効です。

保湿とは、水分ではなくて保湿成分を与えてあげること!

購入したコンシダーマル スキンライズローションの箱の裏に記載されている全成分表示部分を撮影した写真

保湿とはよく聞く言葉ですが、この意味を間違えてとらえたままお手入れを続けてもいつまでたっても肌は乾いたままに。

乾かない肌を目指すのなら、まずは保湿を知ることが大事。

保湿とはその名の通り湿気を保つことで、
肌の水分を維持するようなスキンケアを保湿といいます。

水分そのものを与えるのではなく保つ、維持するというところがポイントです。

水そのものを与えることは保湿ではありません。

保水力のあるもの、すなわちセラミドなどの保湿成分を与えて肌質を改良することが保湿になります。

うまく保湿をおこなって、保水力のある肌に変われば乾いた空気の中でも肌は乾燥しにくくなります。

保湿成分は、セラミドやヒアルロン酸など、たくさんあり化粧水よりは美容液やクリームに多く配合されているものです。
各々の特徴を知り、使い分けましょう。

じゃぁ、どんな乾燥肌対策をしたらいいの?!

まずは、実は乾燥肌対策になっていない方法から、
乾燥しにくい肌作りのために、やってはいけないことからご紹介します。

デリケートな乾燥肌の方は試してみて下さいね。

シートパック

肌を密閉することができないため、肌のおくまで水分を届けることができない。
肌の表面を濡らすような効果しか期待できない

リキッドファンデーション

肌をしっとりさせるイメージがあるけれど、界面活性剤を多く含むため肌への刺激が強く、肌あれの原因になることも。


続いて、乾燥肌対策のスキンケアをご紹介します。

クリームで部分的に油分を補給

乾燥しやすい目元や口元には、美容液のあとクリームを重ねづけする。
肌の水分だけでなく油分も減ってくる40代後半以降なら、顔全体にクリームをのばしても◎。

セラミド配合の美容液を使う

保湿成分には様々なものがありますが、そのなかでもっとも効果が期待できるのがセラミド。
美容液をセラミド配合のものに。

【関連特集】
→洗顔後の1ステップで、肌バリアを育むオールインワン特集

スキンケアにコットンを使わない

拭きとりタイプのメイク落としを使ったり、化粧水をつけるときにコットンでパッティングしたりすると、繊維で肌の表面を傷つけて肌荒れの元になることも。

メイク落としを敏感肌用に変えるのも◎

メイク落としは、スキンケア化粧品のなかでもっとも肌への刺激が強いアイテム。
肌あれが気になるときは、まずメイク落としを敏感肌用のクリームタイプに変えてみるのも◎。

【関連特集】
→敏感はも納得のクレンジング特集

乾きやすい唇には、 唇の乾燥が気になるときには手作りのパックがおすすめ。
唇のカサつきはワセリン+はちみつでケア!

同量のワセリンとはちみつを混ぜあわせたものを唇に厚めに塗る。
真ん中に空気穴をあけたラップをかぶせて5~10分おき、そっとはがす。

注意するのは荒れを悪化させるので皮がむけてきてもむしってはダメ。
唇をなめる癖もダメです。

肌への刺激が強いリップグロスや落ちにくい口紅などは避け、落とすときは専用のリムーバーよりオリーブオイルを使いましょう。




シンプルなケアで最大限のスキンケアを目指す!特集おすすめ3選




トップに戻る↑