アラサーの為の老化予防、アンチエイジングまとめ

30代、またはアラサーから始めたい老化予防5つのポイント

アラサーのOL

いつまでも若々しくいたい、それは口に出さなくても女性なら誰もが願う事ですよね。

いつまでも若く見られたい、若くいたい!
そう願う方へ30代から行えるアンチエイジングを紹介します。

身体の老化は20代を過ぎた頃から次第に始まります。

年齢は皆平等に1年1年重ねていきますし、あるときシワやシミが出来て慌てて化粧品を買いあさる前に、30代、もしくは20代後半を向かえアラサーと言われる年齢から始めるアンチエイジングのご紹介します。

もちろん20代の方や40代以上の方へにもオススメです。
ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

見た目年齢に大きく左右するヘアケア。

ヘアケアに不満な女性

まずは髪の毛のお手入れについて。

髪の毛一つで老けて見られることもあれば、若く見られることだってあります。

パサパサしてツヤがなくボリュームが出ないと感じている方も少なくないでしょう。
また、最近では薄毛や抜け毛に悩む女性も増えてきているといいます。

髪がツヤツヤでフワッとしていたらそれだけで若々しく見えるものですから、ヘアケアは疎かにしたくないですよね。

髪がバサバサになってしまう原因は主に、ヘアアイロンやカラーリングです。

髪のおしゃれをするにはどれもひつ王不可欠な事ですが、行った後はしっかりとケアを行っていきましょう。
市販でヘアパックやダメージ補修できる商品は沢山販売されていますが、安価なものはどうしても刺激の強い合成物質や添加物が配合されていますから、お手軽なものを使い続けるのは毛髪だけでなく頭皮への負担にもなります。

また、ヘアケアの基本はシャンプーです。
毎日するシャンプーはとっても大切ですから、肌を洗う洗顔石鹸やクレンジングと同じように地肌に潤いを残してくれる優しい洗浄成分のシャンプーがおすすめです。

ノンシリコンシャンプーが一時期流行りましたが、シリコン自体は美容整形にも用いられる身体に害のないものですから、それよりも石油系界面活性剤や合成洗剤の使用は避けて、肌に優しい弱酸性のアミノ酸シャンプーなどがおすすめです。

洗浄成分が優しく頭皮に潤いを与えてくれる美容成分が配合されていると言う点においては、女性用育毛シャンプーなどもおすすめです。
育毛シャンプーと聞くと薄毛に悩む方が使うものとお考えの方もいるかもしれませんが、シャンプーは薄毛や抜け毛の“予防”という目的が強いですから正しくは症状を予防する為に使うものです。基本的に育毛剤とは違います。

見落としがちな手の甲にも年齢サインは出やすい

手の甲の老化

もう一つは手の甲です。わりと見落としやすいポイントかもしれませんが、普段目に付きやすい部分ですし紫外線を浴びやすい部分でもありますから抑えておきたいスキンケアのポイントです。

紫外線を浴びやすい部分なので手の甲は光老化しやすい部分。UVクリームで紫外線対策しましょう。
また、ハンドクリームなどで保湿してあげるのも良いですが、化粧水や乳液など顔に塗ってついでに手の甲にも塗ってあげるのも良いですよ。顔に良い美容成分は手の甲や他の肌にも良い成分ですから。

同じ意味で首周り、デコルテもしっかりUVケア&保湿ケアしましょう。

化粧品は“質”重視へ

基礎化粧品のイメージ画像

30代を向かえると徐々に潤いが不足しがちになってきます。
多くの女性が実感していることでしょう。

でもこれからは今よりもどんどん潤いが少なくなっていく一方です。

肌に栄養を与えてハリやツヤをもたらす保湿化粧品や、肌への負担となる洗顔石鹸やクレンジングなどの洗顔料を含めた基礎化粧品は質を上げていくことが大切です。

何より安価なものは合成成分が多く配合されていますから、それだけで刺激になったりします。

現代ではオーガニックコスメが人気が高いですよね。また最近では皮膚科医監修のものや無添加のものなどそれほど高価でなくても良いものが沢山あります。
肌にも負担が少なく健康な肌へ導いてくれるのでおすすめです。

なお、洗顔と保湿に関しては、『→アラフォースキンケアの極意!洗顔と保湿の仕方』で詳しく図解で説明していますので、まだ20代の方も30代の方も参考になると思います。

少しの気遣いでOK!食生活に取り入れたいアンチエイジング。

リラックスする女性

30代へのオススメのアンチエイジングはまだまだあります。
老化予防はトータルで考えなければいけません。私達の今の身体を作っているのは食事から頂く栄養がほとんどですから、ここにアンチエイジング効果が期待される食べ物を紹介していきます。

  1. 毎日の活力に欠かせない!炭水化物を摂る際のポイント
  2. 美容と健康に良いオイルは積極的に摂ろう!
  3. 水分補給で基礎代謝を活発に!体内からみずみずしく♪
  4. 野菜のバランスは色で食べるのがポイント!
毎日の活力に欠かせない!炭水化物を摂る際のポイント

炭水化物を摂る際には自然に近いものを取るのがポイントです。

例えば、精製されていない白米には、ビタミンやミネラル、さらには食物繊維が豊富に含まれています。
特に玄米なんかは理想的です。玄米の他にもそばやライ麦パンなんかもオススメです。

美容と健康に良いオイルは積極的に摂ろう!

脂肪もある程度は食事で取る事が重要です。
脂肪が不足してしまう事で体のバランスは崩れてしまいますし、脂肪不足は乾燥肌の原因にもなります。

トランス脂肪酸やリノール酸、そして、動物性脂肪は極力摂取していくと良いという難しい話もありますが。汗
美容と健康に良いとされるのは、オリーブオイルや魚油、シソ油など熱は加えないほうが良いので、サラダやカルパッチョなんかにオリーブオイルをかけて食べるのもおすすめです。

また、最近ではアンチエイジングに良いとされるオメガ3などが豊富に含まれいると話題になった、アマニオイルもおすすめです。
これは食事に用いるよりも、毎朝スプーン1杯そのまま飲むと言う方法が一般的。

アマニオイルはネットでも購入できますし、1本1,000円前後からありますので、高価なサプリメントや酵素ドリンクなどと比較するととてもお手頃です。

水分補給で基礎代謝を活発に
美容のために水分補給する女性

若々しくしっとりとした肌をキープしていくには、肌を乾燥させないことと同時に身体も乾かさないことです。
1日に最低でも2リットルは水を飲むようにしたいものです。水分を取る事で身体の中から水水しさも保たれます。

女性の場合、どうしてもトイレが近くなるからと水分を極力摂らないようにする人も中にはいますけど、人間の身体はほとんどが水分ですから、身体がさび付く原因になったり血液の循環が悪くなったりいろいろな影響が出る恐れがありますから、水分補給はやはり心がけたいですね。

野菜のバランスは色で食べるのがポイント!
彩りに気をつけて野菜を摂る女性

厚生省では生活習慣病の予防や健康な生活を維持するための目標値の一つに「野菜類を1日350g以上食べましょう」と掲げられています。 1食1皿以上・1日5皿分を目指すようにと言うことです。

しかし、国民健康・栄養調査では成人男性で約290g、女性では約270gとなっており、特に20代~30代では約240gと成人平均より約50gも少ない結果となっています。

実際に何かと忙しい毎日を過ごす中で、野菜を沢山使った調理は手間がかかりますし、外食でも毎回十分に野菜を摂るのは難しいものですよね。

野菜の栄養をバランス良く摂取するポイントとして野菜は色で食べると良いと言われています。

緑黄色野菜は、大きく分けて赤・緑・黄の3色です。

赤・・・トマト・パプリカなど
黄・・・にんじん・かぼちゃなど
緑・・・ほうれん草・小松菜など

色の似た野菜には同じような栄養素が含まれているという考えから、色で食べると良いと言われていますので、この考え方で野菜を摂るのもおすすめです。

また、足りない栄養を補う為にサプリメントや、最近であればグリーンスムージーなども野菜の栄養丸ごと摂取できるのでおすすめです。

グリーンスムージーであれば、製造過程で熱を加えられていないものを選ぶのがおすすめです。ビタミンやミネラルなど栄養素の中には熱に弱いものも多いですから。

習慣化すれば無理なく老化予防できます。

気がつくとシミやシワがメイクで隠し切れないほどになって、慌てて施術や薬などに手を伸ばすより、自然と現れる美容の方が体にも良いですし、毎日の精神衛生上も良いに決まってます。

また、毎日コツコツ続ける方法は副作用などの心配も不要になります。

努力次第で30代からのアンチエイジングはしっかりと行えます。
ここで紹介した方法が全てではありません。様々な方法があると思いますが取り組みやすいものをピックアップしてまとめて見ました。

でもここで紹介した全てを今日から必死に取り組む必要はないと思います。
ストレスも老化の大敵ですからね。無理なく楽しく取り組むことが長続きの秘訣でしょうし、若々しさを保つ秘訣でもあると思います。




シンプルなケアで最大限のスキンケアを目指す!特集おすすめ3選




トップに戻る↑