肌のくすみ、その原因と美白の方法とは

年を重ねていくとどうしても肌の透明感は失われがちになってきて、くすみが気になり出してきます。
肌がくすんでいるとはどんな状態かと言いますと、血色が悪かったり、黒ずんでみえたりすることです。

顔色が悪いと表情が暗く見えるばかりか、どこか具合が悪いのかと思われたり老けてみられがちです。
いくらお化粧で隠しても、隠しきれない部分もあります。

肌がくすむ原因は何でしょう。

肌がくすむ原因とは

まずはやはり紫外線です。

紫外線はお肌の大敵です。
紫外線などの刺激を受けると、肌の基底層にあるメラノサイトがメラニンを生成します。

基底層で新しく生まれた細胞は、メラニンを持って肌の表面の角質層まで上がります。

これが蓄積されるとシミになります。

メラニンを含んだ細胞は、ターンオーバーが正常ならいずれ角質となって剥がれ落ちますが、シミとして現れた場合そこにメラニンを持った細胞の集合体があるということなので、ピーリングなどで表面の角質を多少剥がすだけでは肌が白くなることはありません。

紫外線を浴びるとシミの原因となるメラニンが生成されるだけでなく、肌は乾燥しますので新陳代謝の低下にも繋がりますので、しみやしわ、たるみの原因にもなります。

代謝が低下すると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)も遅れがちになってきますが、生まれ変わりのサイクルが遅くなるという事は、それだけ古い角質が肌表面に存在した状態になることになるので、くすんだりゴワついてしまう事にもなります。

紫外線以外にも注意したい肌刺激とは

紫外線だけでなく、強めの化粧品や手の摩擦も肌には刺激となります。

刺激を受けるとメラニンが生成され、肌が黒くなる場合があるので注意が必要。

ターンオーバーで肌の黒ずみは戻ることも

人間の肌はターンオーバーを繰り返していて、一定周期で新しく生まれ変わります。

ですから、健康な肌なら日焼けは放っておいても元に戻ります。
黒ずみだって戻る可能性はあるということになります。

美白化粧品で肌が白くなったかもと感じても、それが化粧品とターンオーバーのどちらのおかげなのか厳密な判断は困難です。

肌のターンオーバーとは

ターンオーバーを表す表皮のイラスト断面図

肌の細胞は皮膚の奥にある基底層で作られ、形を変えながら上がっていきます。

それが肌のいちばん上にある角質層まで到達すると、死んだ細胞である角質は、新しい細胞に押し上げられ剥がれ落ちます。

このように、細胞が生まれてから朽ちるまでの一連の周期をターンオーバーといいます。

この周期は20代で28日間と言われていて、40代50代とどんどん時間がかかるようになり2か月~3か月近くかかるようになります。

強い美白成分が原因で肌が荒れたりむしろ肌が黒くなることも

効果が高い美白成分は、刺激も強く肌荒れなどのリスクをもっています。

しかも刺激を受けると、肌を守る物質の一つであるメラニンを作り、これを含む角質が肌表面に残ることも。つまり強い美白化粧品を使うと刺激によってメラニンを含む角質が増え、逆にシミや黒ずみができる場合があるということ。

特に敏感肌の人は刺激を感じやすく、メラニンも反応しやすいため要注意。
使うなら、シミを穏やかに予防するくらいの成分がいいでしょう。

メラニン生成を阻害する成分に注意して美白化粧品を使おう。

紫外線だけでなく、皮膚刺激はすべてメラニンを生むので、刺激の強い美白成分は肌を黒くすることがあります。

敏感肌にはビタミンCも刺激になるため使用には十分に注意が必要です。
ビタミンC誘導体なら比較的低刺激ですので、ビタミンC誘導体のものをオススメします。

最大の美白は、紫外線をはじめ、あらゆる肌への刺激を避けることです。

外出時の基本的なケア

なるべく紫外線を浴びないことが重要ですが、生活している上で紫外線を浴びないことは不可能なことです。 外出時には必ず日焼け止めを塗りUV対策をするのも大切です。

また、長時間日光に晒されるときは、可能なら帽子やサンバイザーなどで肌を守るというような対策もおすすめです。

顔だけではなく、UVカット加工されたアームカバーや、首の日焼けを防ぐストールなど上手に使って紫外線から素肌を守りましょう。

最近ではUVカット加工された洋服も増えてきました。やはり予防が肝心です。
しかし、とは言っても現実的にはUVクリーム程度でそれ以上の対策はなかなか難しいでしょう。

シミをケアする化粧品と、くすみをケアする化粧品

白い肌の女性

シミ対策は一般的に保湿化粧品の役割と言えます。
有用成分が肌の奥に潜むメラニンの生成を抑え、肌表面にシミが浮き出てくる前に予防する狙いです。

くすみは、肌表面の角質のケアなので洗顔料でのケアが効果的といえます。

表情が暗くなっていたり、角質のゴワつきで化粧ノリが悪いとお感じの方は、クレンジングや洗顔石鹸を見直すことをおすすめします。

特にメイクを落とすクレンジングは肌に負担がかかるので、無添加で肌に優しいものを選びましょう。
クレンジングの洗浄力が強いと乾燥の原因になりますし、角質はティッシュ1枚分の約0.02mmほどの薄さですからデリケートです。

ダメージが蓄積されてからアレコレ美白化粧品を探すより、いつも使っているクレンジングや洗顔石鹸から肌を優しくケアしてくれるものを使う事が、5年後10年後の肌も変わるはずです。

→肌に優しいテクスチャで角質ケアしてくれる30過ぎから始めたい!美白クレンジングはこちら

The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。