美肌をつくる油とは。美容に良い油の選び方

亜麻仁油
油には美容と健康に良いものと、そうではないものがあります。 このページでは油を美容と健康のミカタにつける選び方をご紹介します。

美肌になぜ油が重要なのか

脂質は体を動かすエネルギー源となり、食べ物の消化、吸収、脂溶性ビタミンの運搬、体温を正常に整えるなどの役割があります。

美容や健康はもちろん、私たち生きていく上で油はとても重要な働きを持っています。

どんな油を選ぶかが重要

脂質でできた体の組織は口から入る油が材料となるため、どんな油を選ぶかとても重要になります。

脂質のなかにもさまざまな種類があり、細胞膜を柔らかくしてアレルギーを防いだり、燃焼させたり、悪玉コレステロール値を下げてくれたりなど良質な油もあるますが、

スーパーなどに販売されているサラダ油の多くは酸化しやすい植物油が使われています。

化粧品に気を配るのも大事ですが、
食用油にも気を配るのも美しくなるためには大切です。

美肌づくりに良い3つの油

えごま油

オイルの種類にもさまざまあって

きれいになるために積極的にとりたい油と、少なめにしてとらないほうがいい油があります。

積極的にとりたい油、オメガ3脂肪酸

まず積極的にとりたい油であるオメガ3脂肪酸ですが、
αーリノレン酸である代表的な油は

  • 亜麻仁油
  • えごま油
  • チアシード油

です。

これらは体内では合成できないため必ず摂取したほうがいい必須脂肪酸。

大さじ1杯が目安

だいたい1日に大さじ一杯を目安に。

注意点

酸化しやすいため早めに使いきりましょう。

オメガ3脂肪酸の働き
細胞膜が柔らかくなり栄養素の吸収や老廃物の排出をスムーズに行うので肌や髪も美しくなりアレルギーも防ぐ働きがある油です。

積極的にとりたいDHA、EPA

新鮮な青魚

もうひとつはDHA,EPAの代表的な油は青魚やオキアミなどの魚介類の油です。

DHA、EPAの働き
これは血液をさらさらにして血行を良くする働きがありますし、お肌の潤いを担うセラミドの原料にもなりますから大切です。

とったほうがいい油、オメガ9脂肪酸と飽和脂肪酸

オリーブ油
オメガ9脂肪酸

オメガ9脂肪酸のひとつでオレイン酸があり代表的なものは

  • オリーブ油
  • アボカド油

です。

不飽和脂肪酸のなかで酸化しにくいですし、悪玉コレステロールだけをさげる働きをし便秘解消にも良いとされます。

飽和脂肪酸

もうひとつは飽和脂肪酸のラウリン酸やミリスチン酸などがあり代表的なのがココナッツオイル

飽和脂肪酸ですが、中鎖脂肪酸が多いので肝臓ですぐに吸収されてエネルギーとして使用されるのでダイエットにも良いとされ、酸化に強い油です。

美肌のために減らしたい&とらない方がいい油

注意の旗

では、続いて
美肌づくりのために減らした方が良い油と、なるべくとらない方が良い油をご紹介しますね。

減らしたほうがいいオメガ6脂肪酸と飽和脂肪酸

減らしたほうがいいオメガ6脂肪酸は

  • リノール酸
  • コーン油
  • 大豆油

などが代表的です。

必須脂肪酸ですが、
とりすぎてしまうと細胞膜を硬くしてしまうためアトピーや花粉症などさまざまな症状が悪化してしまう懸念があります。
一般のサラダ油に使われていることが多いのでとりすぎ傾向にある油です。

牛肉や豚肉、鶏肉など

もうひとつは飽和脂肪のパルミチン酸やステアリン酸などで牛肉や豚肉、鶏肉などです。

動物性の脂は植物油より酸化しにくいので良いのですが
動物性脂肪は体内で固まりやすくとりすぎると血中コレステロール値をあげてしまい血液の流れが悪くなる一因になります。

なるべくならとらないほうがいい油「トランス脂肪酸」とは

できればなるべくとらないほうがいい油はトランス脂肪酸で

  • マーガリン
  • ヘキサン抽出の油

です。

揚げ物やパンなんかが代表的です。

人間が手を加えたため自然界にはあまりない不自然な構造となっているため、細胞膜に取り込まれるウイルスや細菌が侵入しやすく、アレルギーや動脈硬化などのリスクを高めてしまいます。

トランス脂肪酸が多いといわれるパンも、最近では「トランス脂肪酸を低減」と記載されたものを目にすることが増えましたね。

まとめ

亜麻仁油やえごま油は、過去に話題になったこともあるのでご存知の方も多いと思います。

サラダなんかにかけて食べるのも良いですが、1日大さじ1杯そのまま飲むというだけでも良いので続けやすい方法です。

ダイエットや食事制限で油を控える方も少なくないですが、
脂分は美容と健康にとって欠かせないものですので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。