種類別クレンジングの違い。テクスチャの目的と各特徴

あなたはクレンジングを選ぶ際にテクスチャを判断基準のひとつに入れていますか?


オイルやジェル、リキッド、クリーム以外に、最近人気を集めているのがゲルやバームタイプのクレンジングです。

テクスチャは指で肌をクルクルしてメイクを浮かす際の摩擦が変わってきます。

以下にクレンジングの違いによる各テクスチャの特徴や使用感を記していますので、肌に優しいクレンジングを求める際の参考にして頂ければと思います。

無添加なほど大切な役割を持つテクスチャ!

合成洗浄成分と植物由来、アミノ酸洗浄成分の洗浄力の強さの違いを表す図

アミノ酸系洗浄成分や植物由来の洗浄成分のクレンジングは、合成洗浄成分に比べて肌への負担も少ないですが、洗浄力もマイルドになります。

無添加で低刺激のクレンジングを使われる方が増えていますが、洗浄力が優しくなった分ゴシゴシ擦っていたら、角質を傷めてしまいますから肌に優しいクレンジングの効果も意味がなくなってしまいます。

メイクを落とす女性。無添加でもゴシゴシこすったら刺激になる

そこで、無添加のクレンジングを選ぶ上で大切になるのがテクスチャです。

無添加クレンジングの違いはテクスチャが大事

クレンジング別ゴシゴシ摩擦による刺激の違い

一般的に、オイルやリキッドよりもジェルやクリームを選びましょう。

と美容の専門家のあいだでも言われていますが、
それは一昔前のことで、最近ではジェルやクリーム以上に弾力があるテクスチャのゲルやバームを選ぶのがおすすめです。

その違いはやはり、メイクを落とす際ゲル・バームはテクスチャ自体がクッションになって、指先と皮膚がゴシゴシ擦れる摩擦をやわらげてくれます。
クレンジングによっては顔を触ってる感覚が無いままクルクル出来ます。

シンプルなケアにおすすめのクレンジング特集

ここから一つひとつの特徴と違いをご紹介しますので、今後のクレンジング選びの参考にどうぞ

クレンジングジェル

クレンジングで最も多いのがジェルタイプではないでしょうか。

クレンジングジェルの特徴

リキッドより少し粘り気のあるテクスチャです。

手に取り出したジェルの写真

各メーカーによってジェルの粘度に少し差がありますが、液ダレしやすいものもあります。

また水に近いため、メイクを落とすとき肌をゴシゴシ擦る感覚があるため、ある程度の洗浄力がなければ負担も大きくなってしまいます。

無添加でもメイク浮きの早い洗浄力の確かなものを選ぶのがポイントです。

クレンジングリキッド

クレンジングリキッドの特徴

リキッドとは水のことで、ほぼ水の状態ですので液ダレには注意です。

手に取り出したクレンジングリキッド

また、ジェルよりも粘性が低いので洗浄力が低ければ肌を直接ゴシゴシ擦ることになってしまいます。
無添加や天然成分配合で肌に優しくても確かな洗浄力なものを選ぶのがポイントです。

コスパが魅力のリキッドタイプなら定番のクレンジング。
→オルビス人気No1のクレンジングリキッドを使ってみました。

こちらもチェックですよ!
→アルファピニ28セラムクレンジングの口コミレビュー
水からこだわったボタニカルケアができる美容液クレンジング。

クレンジングミルク・クリーム

クリームやミルクタイプは、滑らかなで「優しいクレンジング」の代表格というイメージが強いと思います。

テクスチャが柔らかいので肌に馴染ませやすく扱いやすい反面、メイク浮きがあまり良くないものが多いのがデメリットとも言えます。

ナチュラルメイク向けのクレンジング。

肌の弱い方で使われている方も多いと思いますが、もしもクリームやミルクを使ってるのに肌トラブルを引き起こしやすいなら、洗浄力が弱すぎてメイクが落ち切れていない可能性も考えられます。

また、テクスチャに粘性が低いためゴシゴシ擦ると摩擦が肌に直接伝わりやすいので、力を入れないように優しくクルクルして浮かせましょう。
1回分の使用量をケチると摩擦が加わりやすくなるため、たっぷり使って落としましょう。

クレンジングゲル

ジェルよりも水気が少なく粘り気があるテクスチャです。

手に取り出したゲルの写真

液ダレせずに使えて肌にスーッと張り付くように乗ります。
弾力のあるテクスチャなので、指でクルクルとメイクを落とすときに肌を擦る感触が少ないのが特徴です。

多機能で使いやすさとコスパも良い
→リ・ダーマラボモイストゲルクレンジング口コミレビュー

優しさにこだわるならこちら
→12の無添加・サロン品質のフルリ クリアゲルクレンズ口コミレビュー

クレンジングバーム

クレンジングバームの特徴

肌に乗せると体温で柔らかくトロけるのが特徴です。

手に取り出したクレンジングバームの写真

シャリシャリしたタイプはトロけるとクリーム状に変化し、ハチミツのようなタイプはゲル状へと変化するものが多いです。

体温でトロけるバーム

また、洗顔としても使えるものや角質や毛穴ケアしてくれる多機能なものが多いので、クリーム馴れしている方や洗顔でしっかりとケアしたい方に選ばれています。

優しいのにスルンっと落ちて、洗い上がりはシットリ♪
→クレンジングバーム特集

ホットクレンジング

ホットクレンジングの特徴

クレンジングを肌に乗せてマッサージすることで肌を温めて角質や毛穴を柔らかくするものです。

実際に使うと、この温感マッサージで実感できるくらいほのかに肌がポカポカしてきます。

手の甲にオレンジのホットクレンジングを伸ばしながら温感マッサージした状態の写真。

次に軽く手を濡らしながら、テクスチャに水を加えることで乳化(白く変化)させてメイクを落とします。

ホットクレンジングに少し水を加えて乳化させた状態。化粧が浮き上がってきている写真。

ホットクレンジング最大の特徴とも言える温感マッサージで毛穴を柔らかくしてあげるこの方法が、毛穴汚れに評判の理由と言えます。

毛穴ケアの定番!
→マナラホットクレンジングはこちら

スクラブが入ったクレンジング

最近では、アミノ酸のマイルドなクレンジングにこんにゃくが原料のスクラブが入ったクレンジングもいくつかあります。

スクラブは、「こんにゃくが原料」というのが優しさのポイント。

こんにゃくスクラブは赤ちゃん用のスポンジにも用いられる素肌に優しいもの。

クレンジングは毎日使うものなので、1回の使用で見違えるほどのスクラブ効果は期待できませんが、肌触りもザラザラ感が少なく(スクラブの多きさによる)毎日使うのにも優しいです。

ゴワゴワする老化角質やくすみが気になる方で、肌が弱い方ならシンプルに角質ケアするのに最適です。

多機能で使いやすさとコスパも良い
→リ・ダーマラボモイストゲルクレンジング口コミレビュー

特に摩擦が少ないと感じたテクスチャはコレ!

テクスチャを比べると指でクルクルと化粧に馴染ませる際の肌触りが違うことが分かりました。

リキッドやジェルは、指で肌を擦る感触がありますから洗浄力が強くないとゴシゴシ擦ってしまうことになるでしょう。

ゲルやバームは、テクスチャ自体がクッションの役割もしてくれるので、顔と指が直接触れる間隔が少なく摩擦は非常に少ないと感じました。

テクスチャの弾力と言う面では

  • バーム
  • ゲル

この2つが、適度な粘性があり肌触りが優しいです。

オイルは選んで良いのと避けるべき種類がある

デリケートな肌に、オイルクレンジングは良くない…

そう思っていませんか?

油脂には動物性、植物性など種類がありますが、私たちの肌を守っている皮脂の主成分は油脂です。

もしも肌に残ったとしても、保湿成分となってくれるので問題ではありません。
油脂はメイク浮きにも優れていて、きちんとメイクを落とし必要なうるおいを残す働きをしてくれます。

なのでオリーブやホホバ、アルガンオイルなどなど、植物由来や動物性ならおすすめなんです。


ただし、油脂の中でも鉱物油はNGです!
ミネラルオイルや鉱物油は避けましょう。

因みに、
クレンジングバームは、オイルとミルクの良いとこ取り
したクレンジング。と言われています。

美容にも嬉しい植物由来のオイルで落としながら、洗い上がりの肌をシットリさせてくれるので、乾燥肌の予防やエイジングケアにもおすすめです。

ハリ・ツヤ・透明感は美容成分に注目!

洗い上がりのしっとり感やさっぱり感、そして美肌への効果は配合されている美容成分にも注目です。

また肌に余計な刺激を与えない為に無添加であることも必須です。

→肌が喜ぶクレンジング特集

The following two tabs change content below.

azu(アラフォー・超乾燥肌)

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して実践中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して実践中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。