男性と女性の肌の違いと男性スキンケア

このサイトは、乾燥肌や敏感肌のデリケートな女性の素肌をシンプルなスキンケアで肌の悩みを解消するためのサイトですので、そういう意味ではこの記事は少し話がそれてしまいますが、最近増えている男性のスキンケアについて、男性と女性の肌の違いと合わせてお伝えします。

男性と女性の肌の質やメカニズムの違いについてお伝えしますので、彼や旦那様の肌のお手入れの参考にして頂ければと思います。
愛するパートナーには、いつまでも素敵でいてほしいものですしね♪

男女の肌質で最も違う点は…

まず、男性は女性に比べ皮脂量が約3倍と言われています。

そして、女性は20代~30代に皮脂量のピークを迎えてその後年齢を重ねるにつれて低下していきますが、対して男性の場合は、10代から50代くらいまでほぼ一定の皮脂量が分泌されるそうです。

しかし、水分量は女性よりも少ない!

水分量は女性同様に男性も年齢とともに減少してしていきます。

しかも女性より肌水分量は少ない傾向にあります。

水分が少ないと言うことはそれだけ乾燥していると言うことになりますから、シワやたるみの原因になりますし、潤い不足はターンオーバー(新陳代謝)も低下してしまいますから、シミの一因にもなります。

油分が多くて水分が少ないことから、肌表面は脂ぎってツヤがあるのにシワが深いという男性特有ともいえる現象が起こる訳です。

女性の方が老けやすいのはどうして!?

悩む若い女性

ここまでの話だと、肌の老化が表れるのは女性よりも男性の方が早そうに感じます。

しかし、女性は毎日メイクして、そのメイクを落とすのを繰り返していますから、それだけ肌への負担は男性よりも大きくなります。

メイクして落とすの繰り返しを毎日しているのだから、メイクを落としたあとのアフターケアはとても重要と言えますね。

スキンケアに気を使う男性も増えましたが、基本は同じ

最近は男性用化粧品も数多く販売されていますが、基本的に男性も女性も大切なのはこの3点です。

スキンケアの基本は

  • 優しく洗って皮脂を取り過ぎない
  • 洗顔後・朝晩はしっかり保湿する
  • UVケアしてシミの元となる紫外線対策をする

最初に伝えたように、男性は女性より皮脂や油分が多い傾向にありますから、オイリー肌や普通肌の男性は洗浄力のある男性用の洗顔料で洗うのが良いでしょう。

ただし、男性にも乾燥肌で皮脂や油分が少ない方もいます。

そういった方は、男性用にこだわる必要はないと思います。
男性用の洗顔料でガサガサしたり突っ張ったりするなら、洗浄力の優しい女性用の洗顔料を試してみてはいかがでしょう。

男性のスキンケアもガサガサするほど必要以上に洗うのは良くありませんので。

男性もスキンケアを考えるならUVケアを忘れずに。

男性が日焼け止めを欠かさず塗るとか、少し恥ずかしいとか男らしくないと考える方も少なくないかもしれません。。。

しかし、男性でもスキンケアに気を使うなら紫外線による光老化の予防は欠かすことが出来ません。

『皮膚の老化の8割は日光の光線によるもの』とも言われています。

男女に共通することですが、普段日光を浴びている顔や腕と、ほとんど日差しを浴びない胸やお尻とでは見た目でも分かるくらい肌が違うと思います。

なので、肌のお手入れを心がけるなら以下の3つをセットで考える事が大切です。

  • 優しく洗って皮脂を取り過ぎない
  • 洗顔後・朝晩はしっかり保湿
  • シミの元となる紫外線対策

男性用と女性用のシャンプーも分けるべき?

シャンプーする男性

頭皮にフケやかゆみが出ている方、髪がやせ細ってきてハリやボリューム感がなくなってきたと感じている方。

最近では髪と頭皮のことを考えスカルプシャンプーを使う方が増えてきていますが、スカルプ系の育毛シャンプーにも男性用と女性用、または男女兼用など様々ですが、

それに合わせて、男性用より女性用のスカルプシャンプーの方が洗浄力はマイルドになっています。

頭皮は顔よりも毛穴が多く皮脂の分泌も多い傾向にありますので、肌の弱い人ほど女性なら女性用。男性なら男性用を使うのがおすすめです。

また、もしも男女一緒のスカルプシャンプーを使うなら、男性が乾燥肌、敏感肌の場合のみで、男性が脂性や普通肌なら分けて使うことをおすすめします。

シャンプーは、水と洗浄成分が内容のほとんどです。
洗浄成分が地肌にあっていないと乾燥の原因になりますし、乾燥するとフケやかゆみのトラブルに繋がります。

マイルドなシャンプーで頭皮の変化を実感できることとは

洗浄力が弱いシャンプーって大丈夫?

という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが、洗浄力が強いと皮脂を奪い過ぎてカサカサになるので、逆に皮脂の分泌が増えるようになります。

皮脂は皮膚を守るために分泌されているので、ゴシゴシ洗ったり洗浄力が強くて皮脂を奪い過ぎてしまうと、不足した皮脂をおぎなうために分泌が増えるようになります。

フケやかゆみだけでなく、頭皮が脂っぽくなりやすい方にも洗浄成分がマイルドなスカルプシャンプーは皮脂の奪い過ぎを防ぎ、適度にコンディションを整えてくれるのでおすすめです。

The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。