インナードライ肌は洗顔と保湿の両方で改善しよう!

日中肌がテカテカするほど皮脂が分泌されるのに肌の内側はカッサカサ…
乾燥肌や混合肌と感じている方の中にも、インナードライを感じている方が多いのではないでしょうか。

肌質や肌の状態とは、これまでのお手入れや生活習慣などの積み重ねが原因になることが多いです。

こちらでは
「どうしてインナードライになるのか」
「インナードライを改善するにはどうするべきか」
体験談を交えてお伝えしますので、スキンケアを見直すきっかけとして参考にして頂けたらと思います。

インナードライってどういう状態?

インナードライはそのなの通り肌の表面は乾燥しておらず肌の内側が乾燥してしまってる状態のことです。

皮脂が多く分泌されるため、洗顔を入念にするなどのケアをしているのに、逆にテカッてしまったり、ニキビができてしまったりしたことはありませんか?

これがいわゆる典型的なインナードライ肌です。

肌の内側だけ乾燥するしてしまう主な原因とは

上記でも少し触れましたが、肌の内側だけ乾燥してしまう原因はいくつかあげられます。

入念にスキンケアしてる

主に入念にしっかりとケアをしている人に多くみられます。
皮脂は必要だから分泌されているので、念入りに洗っていると「皮脂が足りない」と肌が勘違いして分泌が増えるようになります。

間違ったスキンケア

また、インナードライなのに脂性肌だと勘違いをして間違ったケアをしている場合。
そのなかで、洗顔料とクレンジングがインナードライを招きます。

特にしてしまいがちなのが、皮脂が浮いてきたから、多いからといって、皮脂はダメなものだとしっかりケアをして皮脂を余計にとりすぎてしまうこと。
とりすぎると肌の内側は乾燥しているのに表面がテカってしまうといったトラブルに。

その他にも空気の乾燥でお肌の奥が乾燥してしまい、それを補おうと余計に皮脂を分泌して表面がテカってしまうといったこともあり得ます。

しっかり洗顔するほどインナードライになる恐れも

図解。洗顔で繰り返される水分の蒸発と皮脂の分泌

テカテカしたりメイクがよれたりするほど皮脂が分泌するので、クレンジングや洗顔は入念にしている。
という方も多いと思いますが、
洗顔するほど逆にテカったり、ニキビや吹き出物がでたりしていませんか?

肌から分泌される皮脂も油分も、なにも不要だから分泌されるのではなく、外部刺激から肌を守って角質内部から潤いを逃がさないようバリアの働きをするものです。

古くなるとアカになって剥がれ落ちるので、余分なものは落とす必要がありますが。

分泌が増えている皮脂は適度に洗いながらも奪い過ぎないことが大事

乾燥によって皮脂が過剰に分泌されている場合はその皮脂の分泌を正常に戻す必要があります。

決してしてはならないのが皮脂が増えているからととりすぎてしまうこと。
これではいつまでたっても繰り返してしまうだけなので、負のスパイラルに陥ってしまいます。

皮脂の分泌が増えているからといって皮脂をとりすぎないでください。

皮脂は本来適度に必要なものなので、皮脂の分泌が増えてきてしまったら、余分な皮脂だけを落とすようにして、適度に洗い、皮脂を必要以上に奪わないようにして皮脂の分泌を整えてあげましょう。

「だからしっかり保湿しましょう」では改善されない

インナードライは結局「しっかり保湿しましょう」と言うのが一般的にいわれている対策と思いますが、肌内部、角質層の潤いが足りていない状態なのだから、経験上保湿だけに気を使ってもそれだけでインナードライの改善は難しいでしょう。
そもそも、保湿してもすぐにうるおいが逃げてしまう状態なのだからインナードライになるのです。

そして、本来は表面もカッサカサのはずが、毎日の洗顔で皮脂や油分を取り過ぎて慢性的に足りない状態になっているから、肌バリアを補う為にどんどん分泌するようになり過剰分泌でテカッたり、メイクがヨレやすくなったりするのです。

皮脂を奪い過ぎてしまう?クレンジングや洗顔石鹸で避けるべき洗浄成分とは

皮脂を奪い過ぎてしまうとインナードライになってしまうことをお話しましたが、ではクレンジングや石鹸で皮脂を奪い過ぎないために避けた方がいい洗浄成分はなにか。

必ず避けた方がいい洗浄成分は石油由来の界面活性剤です。

石油由来の界面活性剤は一番洗浄力が強く、また脱脂力が一番強い成分がほとんどです。 つまりインナードライを引き起こす成分といってもいいでしょう。

ですから、石油由来の界面活性剤は避けるべきです。

特に安価なクレンジングや石鹸に配合されていることが多いです。

優しく洗う。ゴシゴシ洗いしない…だけではダメ

メイクを落とすときも、洗顔するときもゴシゴシ洗うと角質を傷めてしまうから優しく洗いましょう。

これも一般的なスキンケアで気をつけるべき点として言われることが多いですが、

洗浄成分とテクスチャにも目を向けるべきです!

洗顔石鹸なら『肌に優しい洗浄成分』と『泡立ち』
クレンジングなら『肌に優しい洗浄成分』と『テクスチャ』

テクスチャの違いがゴシゴシ摩擦を和らげる!?やっぱりゲルかバームが優しい?
【参考記事】
→クレンジングを選ぶ前に知っておきたい!テクスチャの各特徴

どれだけ洗い方が優しくても、石油系界面活性剤など合成洗浄成分や研磨剤が入っていたら、それらの洗浄成分自体が刺激になります。

オイリー肌の方や、そもそも肌が丈夫な方ならともかく、肌がデリケートでインナードライになっているなら「優しい洗い方」にするだけでは悪化は防げても改善まで期待するのは難しいでしょう。

セラミド補給で肌バリアを高めましょう!

洗顔料でも保湿化粧品でも、セラミドが配合されているものはおすすめです。

最近アンチエイジングのコスメとしても注目を集めるセラミドですが、セラミドはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分と違う働きをします。

図解。細胞と細胞のすき間を埋めて肌を守るセラミドの主な2つの働き

セラミドは角質層の中でも一番表側に留まって細胞と細胞のすき間を埋めて、うるおいが蒸発していくのを防ぐ働きをします。
保湿コスメは美容液や乳液、またはオールインワンゲルに配合されているものも増えていますので、肌バリアを高め、角質層の潤いキープ力を高めるためにもセラミド補給はおすすめです。

インナードライを予防・改善へ導く3つのステップ

洗顔をする女の子
洗顔し過ぎない

洗顔石鹸なら泡で洗う。クレンジングはテクスチャの優しいものを(ゲルかバームがおすすめ)、ゴシゴシ洗いは止めて皮脂や油分を取り過ぎずに適度に整えるという発想で優しく洗うのがポイント

肌コンディションと相談しながら洗顔回数を減らす事を前提に!

クレンジングはダブル洗顔しないものを使用し、朝も水だけで洗顔するか、化粧水を含ませたコットンでサッとふき取って 整えるだけにすることをおすすめします。
ひと口にインナードライと言っても肌の状態は人それぞれですから、ご自身の肌コンディションを見ながら皮脂や油分を取り過ぎない洗顔の方法と回数を続ける事をおすすめします。

セラミドを取り入れた保湿で潤いキープ力を高めよう♪

セラミドを取り入れた保湿で、特に夜メイクを落とした後はたっぷり保湿してあげましょう。 肌は寝ている間に作られると言います。
夜メイクを落として就寝前にもう1度ダメ押しで保湿してあげても良いと思います。

普段、脂っぽくなったときどんな対処がいい?

まず、覚えておいてほしいのが、インナードライですから脂性肌のケアをしないでください。

インナードライ肌の原因は肌の水分不足なので、普通の乾燥肌と同じく保湿ケアが大切です。
肌の内側からしっかり潤えば、皮脂の分泌量は適切な量になり、顔のテカテカも治まるでしょう。

乾燥しているところにまで洗顔料をつけると、皮脂が落ちすぎてしまって症状が悪化してしまいますので、洗顔料をつけるのは脂っぽい箇所だけにする、朝晩1回ずつに留めるなどの対処をしていきましょう。

ゆっくり時間を掛けて肌サイクルを見直しましょう。

ターンオーバーで少しずつ変わってくる肌細胞。イメージ図

テカリやすくなっているのは、これまで皮脂や油分を落とし過ぎて足りない状態が続いているからで、スキンケアを見直してじっくり2~3ヶ月続ける事をおすすめします。

インナードライは分泌が多くなってしまったサイクルを変える必要があるからです。

The following two tabs change content below.

azu(アラフォー・超乾燥肌)

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して実践中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して実践中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。