乾燥肌で髪の毛にフケが出てしまう方へ。フケを防ぐのに実践した方法

肩に乗ったフケをはらう女性

こちらでは、長年フケに悩まされてきたアラフォー管理人が
フケを止めることに成功した方法をご紹介します。

乾燥肌で秋や冬など湿度が低下する季節には、体中かゆくなるようなヒドイ乾燥肌でフケが治った今でも季節によっては頭皮がカサつきますが、フケは出なくなりましたし、いろいろ試して失敗した方法もこちらでご紹介したいと思いますので、
お時間のある方は是非参考にして頂ければ嬉しいです。

まず最初に、サクッと乾燥肌のフケを防ぐ方法をご紹介します。

女性のみでなく、乾燥肌なら男性にも有効な方法だと思いますので、旦那さんや恋人、お子さんの髪の毛にフケが出て困っているという方も教えてあげて下さいね。

乾燥肌のパサパサするフケを止める方法。3つのポイント

3

まずは、フケを防ぐための方法からご紹介してしまいますね。

3つのポイントを全て見直したら、きっとフケは今より良くなるはずです。

  • ゴシゴシ洗いはしない
  • シャンプーは1日1回夜だけ
  • 洗浄成分をアミノ酸の優しいものに変える

この3つでフケの出ない頭皮にしていきましょう。

では、さらに詳しく一つひとつを解説していきますね。

優しい洗い方で乾燥を防ぐ

フケが出るからといってゴシゴシ頭皮を擦って洗ってはいけません。

シャンプーの泡で、頭皮も顔と同じように優しく洗いましょう。

頭皮も顔の皮膚と同じように扱うことが頭皮ケアには大切です。

優しく洗うシャンプーの手順をご紹介します。

シャンプー台で洗う
ブラッシングで髪のホコリを落とす

まず濡れていない状態でブラッシングして、髪のもつれをとり髪に付着しているホコリを落とします。

お湯で予洗い

お湯のみで洗います。
このときもゴシゴシせず、頭皮までしっかり濡らすのがポイントです。

この予洗いで汚れの7~8割は落ちると言われています。

また、お湯の温度は40℃以下が良いです。
熱すぎると皮脂を奪い過ぎて乾燥の原因になります。

シャンプーで洗う

髪と頭皮を十分に濡らしたことでシャンプーの泡立ちも良くなります。

モコモコの泡で指の腹を使って優しくマッサージするように洗います。

すすぎは十分に時間をかけて

お湯ですすぐ際もゴシゴシせず優しくすすぎます。
優しくすすぎながら洗い残しがないようにしなければいけないので、2~3分じっくり時間をかけてすすぎましょう。

シャンプーの泡で洗っている時間の2~3倍の時間をかけてすすぐので、思ったより長い時間が掛かります。

トリートメントやコンディショナー

トリートメントやコンディショナーは基本的に頭皮につけないように、髪の中間から毛先にかけて馴染ませます。

すすぐ際にはもちろん優しく丁寧に。
洗い残しがないよう、念のため頭皮も十分にすすぎます。

タオルドライ

タオルドライするときも、ゴシゴシせずポンポンと水気をタオルの繊維に吸い取らせるように優しくドライします。
バサバサっと雑にタオルで頭を擦るように拭き方はNGです。

ドライヤーで乾かす

自然乾燥は頭皮の常駐菌が繁殖して悪さをしトラブルの原因になるのでNGです。
お風呂上りは速やかにドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーで乾かす女性

お風呂あがる→ドライヤーで乾かす。
この一連の流れです。

また、乾かすときは髪の根元、頭皮から乾かしていく意識でドライヤーを小刻みに動かしながら乾かします。
頭皮から乾かすことで毛先のオーバードライを防ぐことにも繋がります。

すすぎは丁寧に

シャワー

すすぎは十分に時間をかけていますか?

ゴシゴシせず優しく洗うのと同じくらい、すすぎは丁寧に時間をかけて行います。

シャンプー剤が頭皮に残留してしまうと酸化してトラブルの原因になります。
もう十分でしょ。と思ってから更に1分くらいすすぐくらいの意識で最初は取り組むと良いですよ。

乾燥肌でフケが出やすい人は、かゆみも出やすいと思います。
かゆくなって掻いてしまうとフケが出てきてしまいます。

かゆみ予防もフケ対策に繋がります。

洗浄成分が強いと洗い方も回数も台無しに

シャンプーボトル

ここまでシャンプーの仕方や乾かし方を細かくて順で説明してきましたが、

シャンプー剤の洗浄力の強さで全部台無しにしてしまう恐れがあります。

シャンプーはアミノ酸の優しい洗浄成分のものを使いましょう。

脱脂力が強く、頭皮に刺激を与えてしまうシャンプー剤だと、洗い方に気をつけてもシャンプー剤の強い洗浄力で乾燥を招きフケやかゆみを出す原因になります。

私自身フケを繰り返してきましたが、洗い方に気をつけてもシャンプーを違うメーカーに買いかえても一向にフケが治らなかった一番の原因はコレです。

安価なシャンプーをメーカーを変えていただけだったので、パッケージや色、香りが違うだけで洗浄成分はほとんど一緒だったからです。

アミノ酸シャンプーに種類はいろいろあり、価格帯も様々ですが、
アミノ酸洗浄成分のみのシャンプーを使いましょう。
また、保湿成分が入っていると尚良いです。

頭皮の丈夫な方なら気にならない洗浄力の強いシャンプーも、乾燥肌や地肌の弱い方にとってはトラブルの元になります。
と、いうより頭皮トラブルはシャンプー以外の原因って普通は考えにくいですよね。

安価な高級アルコール系のシャンプーに比べ、アミノ酸シャンプーは高いですが、
毎日使うシャンプーはトラブルを招く原因になります。

質の良いアミノ酸シャンプーを選ぼうとすると1本3,000円くらいが相場ですが、
1ヶ月当りで1,500円程度の費用を想定していると良いものが選べます。

パサパサ粉のようなフケだったり、皮膚が剥がれ落ちるようにポロポロ肩に乗るフケは、頭皮の乾燥が主な原因だったりするので、クレンジングと同じように美容成分や保湿成分が入っていると乾燥予防に効果的です。

クレンジングしたあと保湿する顔と違い、頭皮はシャンプーのあと乾かして終わりですから頭皮ケアを考えるとシャンプーのとっても大事です。

どんなシャンプーを選んだらイイ?

タオルを首から掛ける女性

アミノ酸シャンプーといっても種類がとても多いです。

保湿化粧品やクレンジングと同じように種類が沢山あって、配合される洗浄成分や保湿成分なんかの種類も多いので使用感や洗浄力、保湿力も様々です。

ここから、おすすめのシャンプー。

避けるべき成分や、選ぶべきでないシャンプーなどご紹介しますので
今選ばなくても、フケを防ぐために参考にして頂ければと思います。

アミノ酸シャンプーの中でもフケを防ぐのにおすすめのシャンプー

アミノ酸シャンプーの中でも保湿力があって、頭皮の乾燥を防いでくれるものがおすすめです。

当サイトではいくつものアミノ酸シャンプーを使い比べていますが
乾燥によるフケを予防するなら特におすすめのシャンプーは2つです。

ドットエヌ(N)ボリュームアップシャンプー
フケ・かゆみ予防の世界基準のオーガニックシャンプー
ドットエヌ(N)ボリュームアップシャンプー

ドットエヌのシャンプーとトリートメントは日本初。世界基準のオーガニック認証の基準を満たしたヘアケアセット。10の無添加で洗浄成分も全て髪と頭皮に優しいものを配合しているので、フケやかゆみが出やすい乾燥しがちな頭皮のケアにも最適。

乾燥を防ぎ頭皮コンディションを整える洗浄成分と、原料からこだわった植物エキスが髪と頭皮の健康を促進。
トリートメントは毛髪の補修だけでなく、頭皮の保湿ケアもできるのでエイジングケアにも嬉しいヘアケアセット。

初回価格/送料 各¥2,800
セット:¥3,600/送料無料
容量 250ml・200g(1~2ヵ月分)
返金保証 なし
定期コースについて 2回目以降は14%OFFの4,816円
定期コースはセットのみ。
ハーブガーデン
水にまでこだわったオーガニックシャンプー
ハーブガーデン

天然成分100%で作ったオーガニックシャンプー!
洗浄成分はアミノ酸系4種類で頭皮に優しく髪のタンパク質を守りながら洗えます。
また、植物エキスも多数配合していて、今注目の成分「フルボ酸」をはじめ≪洗浄・保湿・スカルプケア・補修≫に特化した天然成分も豊富。
頭皮の乾燥を防ぐだけでなくエイジングケアにも嬉しい1本。

コンディショナーは、毛髪補修に加え頭皮の保湿ケアもでき、さらにお風呂上がりのケアにも使える洗い流し不要のトリートメントとしても使える1本3役。
今ならハーブガーデンを「ずっと半額」で使える「特別半額モニター」キャンペーン実施中!

初回価格/送料 各¥2,000
セット:¥4,000/送料無料
容量 各300ml(約2ヵ月分)
返金保証 15日間
定期コースについて 2回目以降も50%OFFの2,000円(1ヶ月当り1,000円
コンディショナーとセットでも1ヶ月当り2,000円
価格で見ると

1ヶ月当りにかかる費用で見るとハーブガーデンの方がお得感が高いです。

シャンプー・コンディショナーともに2,000円で300mlで2ヵ月毎の定期コース(変更自由)
セットで使っても1ヶ月当り2,000円
シャンプーのみなら1ヶ月当り1,000円
と、これだけ質の良いシャンプーがこの価格で使えるのは中々ありません。

フケ対策におすすめのもう一つのメリット
また、こちらのドットエヌシャンプーやハーブガーデンシャンプーがおすすめの理由としてもう1点注目したいのは、セットで使えるトリートメントやコンディショナーもオーガニックで頭皮の保湿もできるという事。

通常のリンスやコンディショナー、トリートメントは頭皮に付着しないように髪に馴染ませて利用します。

ハーブガーデンとドットエヌは、シャンプーのあと髪に馴染ませるだけでなく頭皮にも馴染ませることで保湿ケアをしてくれます。

シャンプーも地肌に優しく美容成分も配合していますが、プラスアルファで頭皮の保湿ケアができるので乾燥肌のフケ対策におすすめです。

乾燥肌、敏感肌の方は避けるべき洗浄成分

ダメ マーク
  • ラウレス硫酸~
  • ラウリル硫酸~
  • オレフィンスルホン酸(別名:テトラデセンスルホン酸Na)

ラウレス硫酸やラウレス硫酸~のように「硫酸」と表記がある洗浄成分や、最近では硫酸系の代替え成分として増えてきているオレフィン(C14-16)スルホン酸Naも乾燥しやすい方にとって洗浄力が強いのでおすすめしません。

また、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは医薬部外品の薬用シャンプーになると「テトラデセンスルホン酸Na」表記名が変わります。

シャンプーに占める成分のほとんどは水と洗浄成分です。

乾燥しやすい方ほど新しいシャンプーを購入する際は洗浄成分をチェックして避けるようにしましょう。

ヒリヒリやチクチクしたり、炎症がないなら薬用シャンプーは必要ありません。

フケを止めるために薬用シャンプーを使ったことのあるかたもいるかと思います。

薬用シャンプーは雑菌の繁殖を防ぐために殺菌作用のある成分が入っているものもありますが、そもそも乾燥が原因で出ているフケに対して殺菌作用の高いシャンプーを使うと乾燥を悪化させる恐れがあり、フケが止まらないだけでなく、かゆみも出やすくなるケースがあります。

殺菌するより頭皮にうるおいを与えて乾燥を防ぐことのほうがカサカサした乾いたフケの予防に有効です。

薬用シャンプーがおすすめなのは、

  • フケだけでなくベタつきがヒドイ方
  • チクチクしたりヒリヒリしたかゆみを伴う方
  • 頭皮が赤く炎症や湿疹を引き起こしている方

におすすめです。

この場合は、頭皮が弱い方は安価な薬用シャンプーは避けることをおすすめします。

薬用シャンプーも安価なものは洗浄成分が強いからです。

フケ対策をはじめたらどれくらいでフケが出なくなる?

最後の1ピース

最初にご紹介した通り

  • ゴシゴシ洗いはしない
  • シャンプーは1日1回夜だけ
  • 洗浄成分をアミノ酸の優しいものに変える

という3つを実践し始めたらフケがどれくらいで出なくなるか。

これは個人差があることですので一概には言えませんが、
早い人なら1~2週間でフケが治まる人もいるでしょう。

私の場合は1ヵ月目で違いを実感できましたが、日常生活でフケを気にする必要がなくなるまでには半年以上かかりました。

今では肩にフケが乗ってないか気にしなくて良くなりましたし、黒い服も気にせず着れるようになりました。

それでも生粋の乾燥肌なので、湿度が低下する冬は頭皮のカサつきを感じることがありますが、フケは出なくなりましたね。

このページでご紹介した内容は、もちろんあなたにも絶対に、とは言えませんが、
もしも、なかなかフケが治まらなくてお悩みなら半年くらい続けてみることをおすすめしますよ。

フケから解放されてみると、今までどれだけフケに対してストレスを感じていたのかと、改めて実感しましたし頭皮のトラブルは髪の成長にも影響を及ぼしますから早めの対策をおすすめします。

The following two tabs change content below.

azu(アラフォー・超乾燥肌)

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して実践中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乾燥肌でまじめにスキンケアしてきたけど肌トラブルが絶えず、皮膚科にかかったのをきっかけにシンプルなスキンケアに目覚め、書籍を読み漁り自身の肌で試して実践中。現在はクレンジングとオールインワンゲル、スカルプシャンプーでスキンケアとヘアケアを済ませ、さらにより良い方法を模索中。