敏感肌は治せるのか?

敏感肌って治る?敏感さんの肌質改善ポイントとは

部屋で考え事をする女性

敏感な肌に悩まされている方は、何が悪くて何を見直すと良いのか。
あれもこれも試したけど、結局どうしたら良いの?

と、
スキンケアやお手入れ方法に悩まれている方が多いと思います。

スキンケアには即効性はありません。(薬ではないですし)
なので、毎日の積み重ねが大事になってきます。

その中でも、肌が敏感になってしまう主な原因はどこにあるのか。
そしてどのポイントを見直すべきか。
コツコツ続けていくうえで抑えておくべきポイントをご紹介します。

敏感な肌とはそもそもどんな状態!?

そもそも「敏感肌」という言葉はなく乾燥肌が悪化したことを敏感肌といわれています。

では敏感な肌とはどういったことなのでしょうか。

乾燥肌は皮脂やセラミドが少ない状態ですが、その状態から外的刺激などによってさらに肌が破壊され傷ついてしまった状態で、ちょっとした刺激でもダイレクトにあたるためにヒリヒリしたり痛みを感じやすくなっているのです。

図解。細胞と細胞のすき間を埋めて肌を守るセラミドの主な2つの働き

吹き出物やカサつき…肌荒れするのはどうして?

手鏡を見ながらカサついて荒れた肌を確認する女性

吹き出物やカサつきなどの肌荒れが起きるのはどうしてなのか…

その要因となるのが大きく2つ。

内的要因と外的要因。

内的要因は夜ふかしや暴飲暴食など生活リズムが定まらず崩れてしまうと肌荒れがしやすくなってしまいます。
また、栄養不足やホルモンバランスによっても肌荒れが起きやすくなります。

外的要因は紫外線や乾燥、花粉や排ガスなどお肌に刺激を与えるもの。
大きな要因は自律神経の乱れによるものです。また雑菌の繁殖なんかもあります。

敏感肌って治る?

敏感肌は乾燥肌が悪化した状態ですから、長い時間はかかるかもしれませんが、しかし乾燥肌、敏感肌対策をコツコツ続けることで、徐々に肌が落ち着いてくるでしょう。

つまり見直して意識することで改善される見込みは十分にあるということ。
敏感肌は肌が極限に悪い状態ですので長い目で改善していく必要があります。

肌質改善のために欠かせないポイントとは

左手の人差し指で示す女性

敏感肌を改善するために、やはり欠かせないことは「刺激を与えないこと。
これはどの肌質にも言えることですが、敏感肌は肌状態が非常に悪いため、刺激を極力与えず、少なくすることが大前提。

その次に意識するべきことは水分保持力
乾燥を改善するにはやはり水分が必要不可欠
水分が低下しているわけですから、水分を与えないことには始まりません。

この2つがポイントになってきます。

毎日のスキンケアをおろそかにできない理由。

豊かな土壌で育った新芽

スキンケアはクレンジングから始まり洗顔、化粧水や保湿といった毎日の流れですが、どれも欠けてはならないものです。

化粧水は省いても大丈夫かもしれませんが、いったん肌を柔らかくしてあげたほうが保湿化粧品の浸透もよくなりますし、クレンジングや洗顔で一日の汚れをしっかり落とさなければ肌トラブルに悩まされることになりますので、どれもやはりおろそかにはしてはいけないんです。

特にメイクを落とすクレンジングは肌への負担が大きいものです。
クレンジングや洗顔で肌を守る皮脂を奪い過ぎてしまうと、肌バリアが低下して刺激に敏感な肌になってしまいますから、〝洗う”という工程から肌コンディションを整える事が大切です。

デイリーケアは与える事と同時に『刺激を減らす事』も大切

肌への刺激になる洗浄成分はさける。肌への刺激になる添加物は避ける

「肌が弱いし潤わないから保湿化粧品はイイものを使ってる」
「美容成分にはこだわっている」
という方は多いでしょう。

デイリーケアは与えることに目がいきがちですが、与えるだけではなくそれと同時に刺激を減らしてあげることも大事です。

いくら与えることに気をつかったところで刺激を与えてしまっていてはダメ。
刺激を減らしてあげてなおかつ与えることがデイリーケアで大切なことです。

即効性はないけどハズせない!食生活の事。

彩りに気をつけて野菜を摂る女性

食生活を気にかけることも美肌には欠かせないことのひとつでもあります。

不足しているコラーゲンやビタミンなど多く含んでいる食材はたくさんあります。

外側からのケアはわりかし早い段階で効果を得ることもあると思いますが食生活はなかなか効果が現れず即効性はありませんがとても重要なんです。

「肌は内臓を写す鏡」内面から肌の健康を手に入れよう!

運動で汗を流して休憩する女性

肌の外側、表面はあなたもケアを色々と考えながら実行していることと思います。

もちろん、それは外的刺激や肌老化を守るためには大切なことなのですが、一方で内側からの肌の健康を保つことも大切なんです。

いくら外側のケアをしっかりしていても食生活が偏ってしまったりなどしていては肌はなかなか健康にはなってくれないのがほとんど。
ちゃんとケアをしているのに、、良くならないという人は内側からのケアが不十分なのではないのでしょうか。

仕事に忙しく食生活がどうしても偏りがち、という方はサプリメントやスムージーなど健康補助食品を取り入れてみることをおすすめします。

内面の健康は、変化を感じにくいかもしれませんが、
続けていく事で便秘が改善出来たり、爪が硬くなったり、髪にハリやコシが出てきたり、少しずつ変化がみられると思いますよ。
やはり内面のケアもコツコツ続けていく事が大事です。

まとめ!肌質=体質だから習慣を変えてコツコツ続けるしかない!?

肌質は日々の習慣が大切。
少しずつ見直しながら習慣にしていくことで徐々に肌質も変わってくると思いますよ。

肌質に関してはすぐ変わるものではありません。
すぐ変わるのならば悩みなんかないですよね。

変えるためにはコツコツと地道に続けていくことが大事ですので、根気との勝負になるでしょう。

何から変えていったら良いの?
と感じた方、やはりクレンジングがおすすめです。

メイクや余分な汚れを落としながら、奪い過ぎを防いで皮脂バランスを整えて肌を育む。 正しくリセットすることから始まります。
⇒敏感肌におすすめのクレンジングランキングはこちら




シンプルなケアで最大限のスキンケアを目指す!特集おすすめ3選




トップに戻る↑