敏感肌の化粧品の選び方

敏感肌、アトピー肌の基礎化粧品の選び方、避けるべき成分とは

教える女性

肌が弱いと化粧品選びが難しいですよね。

頑張って高価なものを選んだとしても、肌に合うかは別問題。

ピリピリしたり、ブツブツが出たりしても、
その化粧品の何が原因だったのか…、どの成分が原因だったのかってなかなか判断が難しいのではないでしょうか。

また、実は巷で良い成分といわれていても敏感肌には刺激に感じる成分もあります。

こちらでは、敏感肌やアトピー肌の方が化粧品を選ぶ上で、避けるべき成分やどこに着目して選ぶべきか。

洗顔石鹸やクレンジング、保湿化粧品の選び方をお伝えします。

もちろん、敏感な肌も様々です。
アレルギーをお持ちの方もいらっしゃると思いますから、全ての敏感肌やアトピーに当てはまるものではありませんが、一つの目安としてご自分の肌に合った化粧品選びの参考にしていただければ嬉しいです♪

避けるべき成分と、取り入れたい成分

私もそうですが、まず避けるべき成分は刺激成分であるグレコール、エタノールなどのアルコール類です。

皮膚や粘膜に微妙な刺激性があります。
ヒリヒリ感じるのは大方これが原因にも思われます。

化粧品の「成分表示」は配合量の多い順に並んでいますので、上段にある成分には特に注意して確認してみてください。

また、色々な美白化粧品に含まれるハイドロキノンですが、メラニンの発生を抑えシミになるのを防ぐ効果が期待でき美白コスメの定番とも言える成分ですが、敏感肌では強い刺激を与え炎症や肌が異常に白くなる、いわゆる『白斑』を引き起こすことがありますので、あまり強い作用のある美白化粧品はおすすめしません。

また、やる方はあまり少ないかと思いますが、ピーリング系もフルーツ酸が含まれていて、刺激が強いのでピーリングは皮を向くということですから超敏感肌の人が使うとヒリヒリしたり炎症をおこしてしまいます。

敏感肌が積極的に取り入れたい美容成分

じゃぁ、敏感肌にはなにがいいの?と思いますよね!

それわ『セラミド』です!

セラミドには肌の水分蒸発を防ぐ役割があり、肌を守るバリア機能も保湿因子によって保たれています。 つまりセラミドは『肌の保湿』『肌を守る』ことが出来る優秀な保湿成分であるため敏感肌には欠かせない成分ですよ。

セラミドももともと肌に持っている成分ですが、敏感肌やアトピー肌の方はセラミドが少ない傾向にあることもわかっています。

また、化粧品に用いられるセラミドにもいくつかありますが、ヒト型セラミドや馬セラミドが保湿の高い成分になりますよ★
セラミドも合成のものがありますので、合成セラミドは避けたほうが良いでしょう。

まとめ
  • アルコール類は刺激性がありヒリヒリ感の原因は大体コレ!
  • ハイドロキノンは炎症や白斑の原因になる恐れがあるから、強い美白化粧品は避けよう
  • フルーツ酸が含まれてるピーリング系コスメはヒリヒリや炎症の原因になるので避けましょう
  • 敏感肌やアトピーはセラミド不足の傾向にある。ただし合成セラミドは避けるべき

洗顔石鹸の選び方、成分を見る際はココに注目!

石鹸、タオル、バス周りの化粧品

一見、肌に優しいイメージのある洗顔石鹸ですが、石鹸でもたくさん種類がありどれが乾燥肌にいいのかわからないですよね?

乾燥肌に良いとされるのはオリーブやココナッツなどオイルベースの石鹸で、皮脂の分泌が少ないカサカサ肌の方におすすめです。

オリーブオイルは皮脂が落ちにくく皮脂を守りながら洗うので、皮膚内側のセラミドなどの流出を防ぐ効果が期待できます。

ただ、オリーブオイルのみで作られているものは、泡立ちが悪く匂いもきついためオリーブオイルベースのものがよいですよ!

シンプルな配合のものを選びたいなと思う敏感肌の人には、馬油やセラミド配合の石鹸もおすすめです。
馬油は人の皮脂の脂肪酸バランスにとても似ていて非常にマイルドな洗浄力になっています。

またスクワランやグリセリンも保湿成分が配合されていますので、マイルドな使用感で肌当たりも優しくなっています。

固形石鹸で半透明か不透明かが見分けるポイントになりますが、乾燥肌では半透明を選ぶようにするといいですね!
その理由として半透明はグリセリンが含まれている傾向にあるため肌に潤いを与えますが、不透明はグリセリンをあまり含んでいないものが多いという一つの目安になります。

また、洗顔すること自体がやはり皮脂を落とし乾燥の原因になります。
特に30代や40代、50代と年齢を重ねる度に、ターンオーバーが遅れてくるのと一緒に皮脂の分泌も低下していきます。

朝は、ぬるま湯でサッと洗い流すだけ。
そして、夜はクレンジングのみでダブル洗顔はしないという方法もおすすめです。

洗う回数を減らすと最初は違和感を感じますが、奪う事を減らせば、肌本来の自然な状態に戻りますし、 皮脂の分泌が増えて炎症を起こしている方は、奪い過ぎが原因で分泌が増えている可能性が考えられますので、皮脂バランスを整える為にもお手入れの回数を減らすのは、結果が出るまで多少時間がかかっても試してみてほしいです。

毛穴の汚れにはクレイ系の洗顔石鹸もおすすめです。
クレイは天然の粘土や泥のことで、クチャやモンモリロナイトなどは保湿成分やミネラルを豊富に含んでいます。

まとめ
  • 乾燥肌にはオリーブやココナッツなど植物オイルベースが良い
  • 石鹸は半透明が一つの目安
  • 年齢肌はぬるま湯で洗って、必要以上に奪わず守るという考えも。
  • クレイ系の洗顔石鹸はミネラルや保湿成分を含んでいておすすめ

【ヒドイ乾燥肌の朝洗顔】
⇒洗浄成分ゼロ!うるおう美容液洗顔

クレンジングの選び方、成分を見る際はココに注目!

これまで購入した20種類以上のクレンジングを並べた写真

前文でも少し触れましたが、乾燥肌に刺激の強い成分は石油系界面活性剤、防腐剤、化学添加物、香料、着色料が代表的ですが、化粧品には事細かく書かれてどれが界面活性剤なのかなどわからないことがよくありませんか?

クレンジングは、メイクを落とす目的で使用しますから洗顔石鹸よりも肌への負担がかかります。

ネットで購入する際は、石油系界面活性剤フリー、防腐剤フリー、旧表示指定成分フリーなどと、配合されていない事を確認して、できるだけ無添加成分の多いものが優しさの目安となります。

また、刺激成分となる石油系界面活性剤を避けても、メイクが落ちにくければゴシゴシする刺激が肌へのダメージとなります。

肌に優しい洗浄成分は、アミノ酸系や植物由来の洗浄成分を使っているものを選ぶと同時に、ゴシゴシ摩擦をやわらげるゲルやバームタイプがおすすめです。

一昔前は、ジェルやクリームが肌に優しいといわれていましたが、最近ではゲルタイプやバームタイプのクレンジングも増えてきており、これらは適度な粘性があって肌と指がこすれる摩擦をやわらげてくれるので、、使い比べれば肌への摩擦が少ない事がわかります。

無添加とテクスチャにまずは着目して、プラスアルファで洗い上がりの肌を整える美容成分にも着目して選ぶと良いでしょう。

まとめ
  • ネットだと不使用成分が明確で、無添加の多さが優しさの目安に
  • ゴシゴシ刺激をやわらげるゲルやバームがおすすめ
  • プラスアルファで美容成分にも着目!

【デリケートな肌におすすめ】
⇒ラミナーゼモイストクレンジングバームの体験レビュー&評価はこちら

ゴシゴシ洗ったりケチったらダメ!注意すべきクレンジング・洗顔石鹸の使い方

石鹸の泡やクレンジングのテクスチャが摩擦をやわらげる

乾燥肌のお悩み原因の一つに、洗顔方法も問題です。

なぜゴシゴシ洗ってはいけないのかはお分かりになるかと思いますが、それは摩擦により刺激を与え皮脂を余計に落としてしまうからです。

またクレンジングや石鹸の泡をケチってはいけないというのは、少量による事で伸ばし刷り込みする回数が増えてしまいます。

これでは返って肌にダメージを与えてしまうため意味がありません!
洗顔料は、もったいないという概念を捨て適度にたっぷり使う事が大切になります。

また、さっぱりしたい気持ちはわかりますが、ただでさえ皮脂が少ない乾燥肌は洗い過ぎには注意してください。

すすぎの際の水の温度も人肌にしてください。水温が低いとメーク残りや皮脂等が毛穴に留まってしまう原因になります。

逆に熱過ぎると皮脂が落ち過ぎてしまいますから注意です。
また冷たいタオルなどで引き締めする方もいますがそれは返って火照りに繋がる恐れがあるのでご注意を。

乾燥肌でなにより大事な事は『摩擦』と『お湯の温度』です。

極端に言ってしまえば洗浄成分より摩擦に注意するほうが大切です。
摩擦は肌を傷つけバリア機能は壊れてしまいます。

洗浄成分がよくても摩擦があっては意味がありませんからね。
肌の上を転がすように優しく洗ってください。

保湿化粧品の選び方、成分を選ぶ際にはココに注目!

クリームで保湿する笑顔の女性

肌の保湿能力を高める成分が含まれているものを選ぶことが大切になってきますが、角質層には『皮脂』『天然保湿因子』『角質細胞間脂質』の3つの保湿物質が有りこの3つがバランスよく保たれていることが重要になります。

クレンジング同様保湿化粧品もセラミド配合は欠かせません!

セラミド以外に保湿で重要となる成分は

スフィンゴ脂質

レシチンなど水分を挟み込み保持する成分

ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなど

水分を抱え込む成分

アミノ酸、ミネラルなど

吸湿性のある成分

の3つのものが必要になってきます。

美容成分も刺激になることがある!?

ビタミンC誘導体はいい成分ではありますし、皮脂の分泌をコントロール、美白効果など期待できますが、肌刺激になりやすい成分でもあるため敏感肌にはヒリヒリしたりすることがあるかもしれません。

基本的には余程デリケートではない限り刺激になることはあまりない様です。

また、ハイドロキノンは美白効果があるとされてますが、濃度が高いと白斑を起こしてしまう恐れがあります。

ハイドロキノン事態が悪いわけではありません。
濃度の低いものが良いとされます。
ただ敏感肌では赤みやピリピリした感じを受けることがありますので、使用する際はパッチテストをしてから使いましょう。

まとめ
  • 敏感肌はビタミンC誘導体がヒリヒリの原因になることも
  • ハイドロキノンは炎症や白斑の原因になる恐れがあるから強い美白化粧品は避けよう
  • 新たしい化粧品を試すときは、バッチテストをしてから。

敏感肌やアトピーでもオールインワンジェル使える?

オールインワンジェルは、肌に必要な様々な美容成分を1度で与える事ができます。
これは、複数塗り込むことによる肌への摩擦を減らす事ができ、
また、化粧品には少なからず添加物が入っているので、一つしか使わない事で刺激を減らすというメリットもあります。

ただし、肌に良いとされる美容成分にも肌質によっては刺激になる場合がありますから、 デリケートな人は、敏感肌向けのオールインワンジェルを使うのが有効ではないでしょうか。

敏感肌用であれば、お肌に優しい成分を多く配合し、バリア機能をサポートしながら保湿してくれます。

敏感肌用は植物成分が配合されているものが多い様で、肌への優しさを考えられていますのでまずは敏感肌用オールインワンジェルを試してみましょう!




シンプルなケアで最大限のスキンケアを目指す!特集おすすめ3選



【週間】素肌のための注目コラム



トップに戻る↑