BB・CC・DDクリームの違いってなに?おすすめはどれ?

容器から絞り出したBBクリームのテクスチャ

あなたはBBクリーム使ってますか?
最近ではBB・CC、DDクリーム、新しいものではEEクリームなるものまでありますが、お使いになったことありますか?

化粧下地として、だけでなく肌の補正やUV、コンシーラーや保湿、ファンデとしての機能まで役割も様々ですが、紛らわしいくらいに種類があるのでわかりにくいですよね。

多機能なので、使用している方や興味のある方も多いと思いますので、ここで改めてBB・CC・DD、EEクリームの特徴やメリット・デメリットなど違いをまとめまてご紹介しますね。

BBクリームの特徴

肌に伸ばしたBBクリーム

BBクリームといってもその意味や特徴とゆうのはあまり理解されていないかたも多いのではないでしょうか?

BBクリームの「BB」とはBlemish Balm。
傷を修復する軟膏という意味があります。

ドイツの皮膚科クリニックが開発したものとされていて、デリケートな皮膚を保護して、肌を再生を促す機能を追加したファンデーションとして作られたのがBBクリームです。
つまり、BBクリームはダメージを受けたお肌をきれいに見せるカバー力と保護する機能があるのが特徴

BBクリームのメリット

  • 基本的なベースメイクがBBクリーム1本で終わる
  • 忙しいときに短時間でもベースメイクが終わる
  • 色々重ねる必要がないので初心者にも使いやすい
  • 摩擦による刺激を減らせる
  • UVカット効果のある商品もある
  • それぞれ用意する必要もなくコストの面でもいい
  • ファンデーションも兼ねているので、隠したい毛穴やシミなどもカバーしてくれる

BBクリームのデメリット

  • 厚塗り感がある
  • 肌に合う色味が少ない
  • 肌質によって合う合わないがある
  • 不自然な仕上がりになる場合がある
  • ナチュラル感があまりない

CCクリームの特徴

CCクリーム

一方、CCクリームはCare+Controlの略で、名前の通りケアしながらコントロールするクリームという意味です。

肌色補正をしながら素肌を美しく見せ、高いスキンケア効果をもったスキンケアクリーム。
欠点をかくすのではなく肌を均一に整え、若々しい肌に演出するのが特徴です。

CCクリームのメリット

  • みずみずしい肌の色が手に入る
  • 自然な仕上がりですっぴんのような肌になる
  • つけ心地が軽くて伸びが良い
  • 1本で下地・日焼け止め・軽いファンデーション効果の3つが得られる
  • 中には美容液成分が配合されているものもある
  • メイク時間が短縮

CCクリームのデメリット

  • BBクリームに比べてカバー力が弱い
  • CCクリームだけでベースメイクを済ませることは難しい
  • 白浮きする
  • 薄づきでメイクが落ちやすい
  • 色むらしやすいから日中のメイク直しがしにくい
  • メイクしていないように見えることがある

DDクリームの特徴

メイク用化粧品

最近耳にするDDクリームですが、DDクリームの「DD」は「Dynamic Do-All」(効果が強いオールインワン)や「Daily Defense」(毎日の保護)の略です。

DDクリームは、BBクリームに近いテクスチャーで保湿効果が優れているのが特徴
ベース化粧品としてはもちろんですが、スキンケアの役割も果たしてくれるだけではなく、加えてDDクリームにはアンチエイジング効果が期待できる抗酸化成分を含んでいるので、長時間のメイクに向いているとされます。

簡単にいえば、
ファンデーションでありながら化粧水や美容液、日焼け止めなどの機能をもったオールインワンファンデーションです。

DDクリームのメリット

  • 短時間でベースメイクが終わる
  • 保湿力に優れている
  • アンチエイジング効果がある
  • カバー力に優れている
  • 滑らかな質感の肌に仕上がる
  • 薄く塗るだけでしっかり機能を果たしてくれる
  • 日焼け止め効果も強い

DDクリームのデメリット

  • 種類が少ない テクスチャーがBBクリームに似ているので少しムラになりやすい
  • ツヤ感はあまり出せない

インポート物のDDクリームの保湿力だと、日本人にとっては皮脂が多すぎてニキビやメイクのテカリを招いてしまう事もあります。

EEクリームの特徴

3本の化粧下地を肌に乗せて色合いを確認

EEクリームの「EE」の意味は、「Ever Effect」の略で、「もっと効果的」という意味。

EEクリームは、BBクリーム、CCクリーム、DDクリーム、すべての機能を併せ持っているのが大きな特徴
乾燥肌や脂性肌、仕上がりの違いを問わず、メイクをサポートしてくれるベースメイク。
カバー力もあるのに透明感も出すことができます。

EEクリームのメリット

  • カバー力に優れており、スキンケアの後にこの1本でOK。
  • マット感のある仕上がり、コンシーラーが要らない。
  • 朝のメイクの時間短縮
  • 肌質を選ばない
  • 保湿成分配合、エイジングケア効果も高い。
  • 透明感がありながらカバー力がある
  • 自然な仕上がりになる
  • BB、CC、DDすべての機能が備わっている 弾力とツヤを与える

EEクリームのデメリットp

  • カラーバリエーションが少ない
  • べたっとして伸びが悪い
  • 塗り方によっては厚塗りに見える
  • 高機能なため他のクリームより価格が高い
  • 国内ではほとんど販売されていない

それぞれの違いをまとめると

鏡で肌のメイクの色合いを確認する女性
BBクリーム

BBクリームは、お肌にやさしく毛穴・シミのカバー力や保湿力もあり、お肌の炎症や赤みを抑える保護クリームなので乾燥のお悩みや毛穴やシミにお悩みの方など使いはじめるのにおすすめ。

CCクリーム

CCクリームは、カバー力が少ない分、透明感が出やすく、とてもナチュラルに仕上がりやすいため、くすみや色ムラ、肌の疲れが気になるときなど、軽いメイクを楽しみたいときに向いているクリーム。

DDクリーム

DDクリームは、保湿力も高く、紫外線カット効果や抗酸化成分も配合されていて、アンチエイジング効果も期待でき、シミやくすみ、シワはもちろん乾燥していたり肌が荒れやすい人に向いています。

EEクリーム

EEクリームは、1本で、紫外線対策や乾燥肌の保湿、シミやくすみなどのカバーに加え、エイジングケア、透明感の演出も期待できるため、サポート効果の高いクリームなのでどの肌質でも使えるクリーム。

使い方のポイント

シリコンスポンジに乗せたDDクリーム

使い方は基本的にはどのクリームでも同じです。

保湿ケア後、適量をお肌になじませましょう。

スポンジで馴染ませますが、ここでポイント。
スポンジを使うときに普通のスポンジではなく、シリコンスポンジがおすすめです。
というのも、スポンジにクリームが吸収されにくく雑菌がつきにくいからです。

それで結局どう選ぶと良い?

それぞれ特徴やメリットなどが違うため、自分がどういうメイクをしたいのか、どんな悩みがあるのか、自分の肌質はどうなのかなど一人一人違うためどう選ぶべきかというのはまず自分に合ったものを選ぶべきです。

もし、どれが良いのか判断ができない場合にはEEクリームを使うのがいいかもしれません。
とはいえ、他と比べて価格が高いめ。
はじめての方なら初心者にも扱いやすいBBクリームからはじめてみるといいでしょう。

まとめ

どんなにスキンケア効果が高く、肌への負担が少ないものでも、基本はファンデーションと同じ粉が配合されたメイクアイテムです。

なのでずっと肌に残れば毛穴に詰まって肌トラブルにもなりかねませんので、つけたら必ず洗顔をしてから寝るようにしましょう。

また、どれも同じような効果に感じられがちですが、それぞれにちゃんとした役割がありますのでお肌の状態によって使い分けるなど、自分が求めたい効果や仕上がりなどで選んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。