バリア機能の低下と洗顔料について

低下したバリア機能を回復させる為の洗顔料の選び方

バリア機能が回復して嬉しい

「スキンケアは洗顔から」と良く美容雑誌でも言われていますが、
あなたもこのような洗顔の大切さを1度や2度は耳にした事があると思います。

洗顔が良くないとバリア機能低下の原因に繋がりますが、
では、そのバリア機能とはどういうものなのでしょうか。

そもそも肌バリアってなに?

バリア機能とは一般的にお肌、
特に角質層を保護する役割を持つ皮脂や油分のことを言います。

皮脂や油分には大きく2つの役割があって、ひとつは紫外線や菌など肌の外からの刺激から守る役割と、もうひとつはお肌のうるおい(水分)の蒸発を防ぐ膜のような働きをしてくれています。

肌を守る表面の2つの働き

でも、この皮脂はお肌から分泌されているものですので、古くなればアカになり、ボロボロと剥がれ落ちてきたり時には毛穴を塞いでしまうこともあります。
油分も多くなれば顔が脂ぎってテカリの原因にもなってしまいます。

肌荒れや乾燥から守るために必要!

肌の健康と潤いを保つ為に必要な皮脂や油分ですが、多過ぎるとベタベタしたりテカって化粧ノリが悪くなりますが、すっきりサッパリするほど洗顔やクレンジングで落とし過ぎると乾燥しやすくなり、シワやシミや肌荒れの元にもなってしまいます。

先ほども肌を守るために必要なものと言いましたが、必要なものだからこそ洗顔やクレンジングで洗い過ぎると、足りなくなった分を補う為にどんどん分泌するようになります。

皮脂の分泌が過剰に増えてしまうと、肌が負けて赤く炎症を起こしたりトラブルの原因になります。

では、どのような点に注意して洗顔料を選ぶべきでか。

この点についてお伝えします。

バリア機能回復への洗顔料の選び方(クレンジング編)

不要なもの!刺激の強いものを排除したものを

石油系界面活性剤はもちろん、合成香料や着色料などクレンジングの機能に不要なものは出来るだけ入っていないものを選びましょう。無添加項目の多いもの(7つの無添加や6つの無添加など)は肌への優しさの目安になります。

美容成分配合で肌コンディションを整えてくれるものを

スキンケアの中で肌に一番負担がかかると言われるのがクレンジングです。

日中しっかり肌に乗っているメイクを落とすのですから、クレンジングが良くないと皮膚にもダメージを受けてしまいます。
化粧を落とすのは毎日の事ですから、クレンジング一つでトラブルを繰り返す肌にもなってしまいます。

洗い上がりの肌が突っ張らないものを

クレンジングした後の肌の状態が、カサカサしたり突っ張らないものを選びましょう。

クレンジングして肌がパリパリになると全部落としきった感じもしますけど、カサカサするのは洗い過ぎです。

良いクレンジングは洗い上がりの肌で実感できますから、しっとりしたナチュラルな洗いあがりを実感できるものを選ぶのがポイントです。

無添加のものほど大切な『テクスチャ』

弾力のあるゲル状のテクスチャ

無添加で肌に優しいクレンジングと言っても、

優しいクレンジングを「優しいまま使う」為にはテクスチャ選びも大切です。

無添加のものは肌に優しい反面、合成洗剤より洗浄力は劣ります。
そのため、メイクを落とす際についつい力が入ってしまうなんて事もあるでしょう。

そのようなゴシゴシする摩擦をやわらげるのがテクスチャです。


テクスチャにも様々な種類があり、ゴシゴシ刺激をクッションになって軽減してくれるのが「ゲル」や「バーム」のテクスチャです。
→更に詳しくはこちら!「テクスチャで選ぶクレンジングの各特徴」

優しいクレンジングを「優しいまま使う」

メイクする日に必ず使うクレンジングですから、負担を和らげるテクスチャ選びも大切です。

洗顔は落とすと同時に守るという発想で

優しい洗浄成分で毛穴汚れやくすみをケアしてくれるクレンジングなら、今こちらのがおすすめです。

これまで購入した洗顔料の一部

→ヒフケン。ラミナーゼモイストクレンジングバームの詳細はこちら

化粧や油汚れを落としながら、マイルドな洗浄力で素肌に残しておくべき必要な皮脂や油分は適度に残してくれるスキンケア発想のクレンジングで、正しくリセットできれば、ターンオーバーも促進され徐々に良いサイクルへと向かうでしょう。

→肌の弱い方や老化予防に今おすすめのクレンジングランキングはこちら

バリア機能を回復させる保湿成分♪

洗顔後は保湿ですよね。

自分の肌に合ったクレンジングを使うと、メイクを落とした後保湿するのを忘れてしまうくらいモッチリしてしまいますが…、洗顔後の保湿は忘れてはいけません。

洗顔と保湿は必ずセットで考えなきゃいけません。

保湿化粧品と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸、スクワラン、ビタミンCにプラセンタなどなど定番のものから新しい成分などいろいろ目が行くと思います。

確かに、これらもとても大切な保湿成分なのですが、肌バリアの働きを果たす成分は限られていて、もっとも代表的なのが最近注目されているセラミドです。

細胞と細胞のすき間を埋めるセラミドの働き

セラミドは、肌の1番表側の表皮の細胞と細胞のすき間を埋める役割をして、上の画像で示した部分で働く「細胞間脂質」と言われる成分です。

セラミドの仲間はほかにスフィンゴ脂質や、ステアリン酸コレステロール、水素添加大豆レシチンなどありますが、セラミドはこれら細胞間脂質の40%を占めていて水分キープ力も高いことから、バリア機能向上のために肌に与え続けたいサ成分の一つです。

どれだけ良いものでも続けられなければ意味がありません。

肌に優しい洗顔料で角質を整えて、代謝サイクルを整えることで天然のバリア機能を育むと、保湿した時のうるおいキープ力が高まることを実感できるでしょう。

毎日の積み重ねであなたの素肌も少しずつ応えてくれると思いますよ。

→荒れやすいデリケートな肌に今おすすめのクレンジングはこちらのランキングで!




シンプルなケアで最大限のスキンケアを目指す!特集おすすめ3選




トップに戻る↑