アラフォースキンケアの極意!洗顔と保湿の仕方

あなたは、毎日の洗顔と保湿をどのようにしていますか?

朝の洗顔と保湿。

夜はメイクを落としてその後の保湿。

メイクを落とす際はダブル洗顔する方も少なくないでしょう。

その毎日のスキンケア方法は、20代の頃と同じですか?

もしも、30代、40代を迎えて肌の乾燥が前より悪化していると感じているなら、お手入れの方法を変える必要があるでしょう。

肌質と年齢によって変える毎日のお手入れ

10代や20代前半は代謝が良く、皮脂や油分の分泌も活発です。

しかし、年齢を重ねるとともに少しずつ新陳代謝も低下していきます。

それなのに、10代や20代の頃と同じお手入れをしていると肌は乾燥しやすくなってしまいます。

保湿はたっぷり!洗顔はほどほどに♪

ターンオーバーの周期が遅くなるだけでなく、肌の水分と油分の分泌量も低下していきます。

10代・20代の頃はしっかり洗ってサッパリしても、翌朝はしっとり肌が元気だった方も
洗い過ぎたり、奪い過ぎると補う力が衰えてきてるので

「最近、やけに乾燥しやすくなったかも…」

と多くの方が感じるようになるでしょう。

洗い過ぎや奪い過ぎは肌を乾燥させ、肌荒れや老化の原因となってしまいます。

40代が保湿化粧品で取り入れたい美容成分

40代のスキンケアでは保湿が大きなポイントとなるのですが、ではいったい保湿化粧品でどんな美容成分を取り入れたら良いのか。

保湿成分といえばセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが3大成分と言われていますがどの年代でも必要な保湿成分で、特にセラミドを重視しましょう。

セラミドは30歳前後くらいから皮膚の含有量が減少していくのですが、40代になるとその減少のペースがさらに加速していくので、しっかりとスキンケアで補い、肌環境そのものを改善や維持することが大事です。

保湿化粧品選びで避けたい成分とは

保湿化粧品選びにおいて特に避けたい成分は、DPGまたはジプロピレングリコールです。

DPGは洗顔や化粧水と同様に、美容液にもよく配合されている成分です。
肌への浸透性がよく、刺激が強いので肌の免疫力が低下してくる40代ではトラブルを招く可能性も。

また、エタノールも避けた方がいいでしょう。
化粧水を中心に保湿成分として、とても多く使われていますが、ただこれは肌への刺激が強く、肌を乾燥させ肌荒れが悪化したりヒリヒリしたりする要因になるアルコール成分で特に注意したい成分です。

保湿化粧品の使い方。正しい手順とタイミング

保湿化粧品の正しい使い方は、まずタイミングですが、洗顔したあと5分以内に保湿化粧品をつけるべきです。

洗顔後は水を含んで肌がうるおっているように感じがちですが、それはあくまで肌表面が濡れているだけです。
肌内部は水分不足になっており、肌は秒単位で乾燥し始めています。

とくに入浴後は気化熱とともに蒸発しやすく、最も乾燥しやすい状態なのです。

そして手順についてですが、水分をタオルでふきとったあと、まずは化粧水をつけます。

先にクリームなどをつけると油分に弾かれて肌に浸透しないので、化粧水は必ず一番初めに肌につけるようにしましょう。 次に美容液です。

美容液は必ずしも必要なものではありませんが、乾燥が気になる季節や小じわや肌のくすみなど肌トラブルが気になる場合に使うと効果的です。

最後に乳液やクリームです。
化粧水や美容液で補った水分や保湿成分が蒸発するのを防ぐために、乳液やクリームで肌表面に薄く蓋をするようにつけるといいでしょう。

また、最近ではこれらをひとつにまとめたオールインワンという化粧品もあるので仕事や子育てなど時間がない女性におすすめです。

保湿するときにやってはいけないこと。

保湿するときに絶対にしてはいけないことは、強くこするように塗ったりパッティングしたり肌に余計な摩擦や刺激を与えること。

化粧水に関してはわざわざパッティングしなくても手のひらで優しく押さえるようにハンドプレスして温めるように浸透を促せば十分です。

また、美容液やクリームをつけるときに肌を強く擦りあわせて保湿するのは肌に摩擦を与えてしまって返って大きな負担になってしまいます。

保湿化粧品に限ったことではないですが、適量を必ず使ってください。

あまりにもケチって少量だとクリームをつけたときの摩擦により肌を直接擦ってしまっていることになるのでやめましょう。

クレンジングは安価なものほど刺激が強い!その訳とは

あなたはクレンジングはどのようなものを使っていますか?

ドラッグストアなどに売っている安価なクレンジングを使っていますか?

もし、安価なクレンジングを使っているのならいますぐクレンジングの見直しをすすめます。

というのもクレンジングは安価なものほど刺激が強いのです。
なぜかというと、大量生産をするためにコストを押さえるため、石油由来などの肌に刺激となる成分がたくさん配合されているからです。

石油由来の成分は肌に刺激となるだけでなく、洗浄力や脱脂力が強いため乾燥を招いたりしてしまうのです。

高品質のクレンジングが乾燥から肌を守る

先ほど安価なクレンジングは洗浄力が強く、脱脂力も強いため皮脂を必要以上に奪ってしまい乾燥を招いてしまうとお話しましたが、逆に安価なクレンジングをやめて高品質のクレンジングを使うことで乾燥から肌を守ることができます。

というのも高品質のクレンジングですと、必要な皮脂を奪い過ぎることがない天然由来のものが多く、石油由来のものを配合していないのがほとんどなので乾燥から肌を守ることができます。

また、乾燥から肌を守るだけでなく、肌に優しい成分配合でできているものが多いので、肌の刺激を最低限にすることができます。

クレンジングの美容成分、保湿成分の役割。

最近では保湿化粧品の他にもクレンジングや洗顔料にも美容成分が配合されているものが多くありますよね。

しかし、クレンジングはメイクと一緒に流れるのだから、美容成分、保湿成分は配合されている意味があるのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

確かにクレンジングはメイクと一緒に流れてしまいますが、美容成分、保湿成分が入ってないのとあるのではやはり違います。

美容成分や保湿成分を配合されていることによって、メイクを落として洗い流すときの肌への負担を抑えることができ、洗い流した後も美容成分が残っていることで、つっぱり感を抑えることができます。

また、バリア機能が壊れるのを防ぐ役割があるものもあるので、クレンジングでも美容、保湿成分がはいっているほうがいいですね。

乾燥させないクレンジング選びを!

洗顔で皮脂を落とし過ぎると肌バリアが低下して、うるおいが逃げやすい状態になってしまい「ちゃんと保湿してるはずなのにすぐ乾燥する…」というようになってしまいトラブルや老化の元になります。

洗顔でカサカサ!皮脂や油分の分泌量も低下してるから洗い過ぎは乾燥・老化の原因に!洗顔でやさしくリセットして、保湿すると潤いも増す!洗顔は落とすだけでなく整えるという発想で!

優しく洗うというのは洗い方や回数だけでなく、落とすものはしっかり落としながら、残すものはちゃんと残してくれる肌のために作られたクレンジング選びが大切です。

保湿でうるおいを与えるのも大切ですが、その前に奪い過ぎないスキンケアでプルプルの肌をキープしましょう!

アラフォースキンケアの素肌力を高めるクレンジング選びに注目したい2つのポイント。

年齢とともに〝洗い過ぎない”クレンジングを選ぶポイントをご紹介します。

皮脂や油分を落とし過ぎない

メイクやホコリ、余計な脂汚れを落とすのはもちろんですが、落とし過ぎるとまだ落としてはいけない皮脂まで落としてカッサカサになってしまいます。老化の大敵、乾燥の原因です。

クレンジング選びは洗浄成分がまずは大事。
洗浄成分はクレンジングの価格に大きく左右されます。

安価なクレンジングほど洗浄力が高く刺激も強くなるポイントですが、植物油脂やアミノ酸系のマイルドなものを選んでいきたいです。

ゴシゴシ摩擦もやわらげるテクスチャ♪

クレンジングを選ぶときテクスチャを気にしたことありますか?

ジェルやリキッド、ミルク、クリームなど様々な種類があります。
テクスチャである程度、クレンジングの洗浄力の強さを推し量ることができますが、テクスチャの役割は〝ゴシゴシ摩擦”を和らげる働きがあります。

リキッドはほぼ水のようなテクスチャで粘り気がないので、メイクを落とす際についつい力を入れてこすってしまったときに、皮膚を直接ゴシゴシしてしまいます。

肌に優しいクレンジングとして定番のミルクも、粘性がないのでゴシゴシ摩擦が加わりやすいです。

最近であれば、ジェルより弾力のあるゲル状のクレンジングや、オイルとクリームの良いとこ取りしたバームタイプのクレンジングが粘性が高くて、メイクを浮かす際に指先にチカラが加わってもテクスチャがクッションとなってゴシゴシ摩擦を和らげる役割を果たしてくれるので肌への負担を減らせます。

習慣にしたい!乾燥を予防するメイクの落とし方

  1. まずはキレイに手を洗い清潔な状態にしましょう。
  2. 次に手のひらに適量のクレンジングを出し、Tゾーンに馴染ませます。
  3. Tゾーンに馴染ませた後は、Uゾーンにクレンジングを馴染ませます。
  4. そのあとに皮膚の薄い目元、口元の弱い部分にクレンジングを馴染ませます。
  5. 全体馴染ませたら、ぬるま温でクレンジングを洗い流します。
  6. 洗い流した後はタオルで水気を取ります。

そのやり方はNG!やってはいけないクレンジングの方法

クレンジングをする際にあたって、いくらいいクレンジングを使ったからといってやり方を間違ってしまっていてはいいクレンジングが台無しになるたげでなく逆にトラブルを招いてしまうなんてこともあります。

ではやってはいけないクレンジングの仕方は、、

熱いお湯、冷たい水で洗う

冷水ですすぐとせっかく落とした汚れを毛穴が引き締まり、お肌に閉じ込めてしまいます。
また、保湿化粧品も浸透率が下がってしまいます。

熱いお湯ですすぐと、必要な皮脂までも落としてしまい、お肌が乾燥する原因になります。
慢性的に乾燥すると皮脂が過剰に出てしまい毛穴がひらく原因になってしまいます。

力をいれてゴシゴシ擦る

お肌にとって、強すぎる刺激は禁物です。
メイクや汚れをきちんと落としたいからといって、ごしごしこすると、お肌にとって大きな負担になります。
ゴシゴシ擦ると皮脂を必要以上に落としてしまうこともあり乾燥を招くことも。

クレンジングの際には、指の腹や手のひらで優しくマッサージするように洗います。

3分以上クレンジングを乗せてる

クレンジングでしっかりメイク汚れを落とすことは大事ですが、いくらいいクレンジングを使っていてもクレンジングは少なからず肌には刺激を与えていることになります。
ですから、3分以上もクレンジングを肌にのせているのは大きな負担になっています。

せっかく良いクレンジングを使っているのなら、クレンジングはできるだけスピーディーにかつ優しくを心掛け、目安としては一分くらいで済ませるようにしましょう。

シャワーの水圧で洗っている

気持ちがいいから、ラクだからとシャワーを使って洗い流していませんか?
シャワーは水圧が高いため、肌に思わぬ刺激を与えたり、小鼻など細かいゾーンの洗い残しも多発します。 必ずぬるま湯で手ですくって洗いましょう。

クレンジング剤を少量だけ使う

クレンジング剤が少なすぎると、肌にのせたときに伸びが悪くなるので、ついごしごしこすってしまいがちになります。クレンジング剤はケチらずに、決まった量を使用し、強くこすらず、かつ、できるだけ手早く行うようにします。

肌の変化を実感するのはターンオーバーの周期で少しずつ

刺激の強い洗顔料から、無添加の肌に優しいものに見直すと徐々に、お肌もそのサイクルに合わせて変化していきますが直ぐにという訳にはいきません。

上の図でお伝えしましたが、ターンオーバーは28日周期と言われていますが、それは20代前半までのこと。
年齢とともにその周期も遅くなります。

それに化粧品を変えたときも同様ですが、2~3ヶ月使い続けないと本当に違いは実感できないでしょう。

肌の細胞が生まれ変わり、少しずつ変化するものですから少し気長に続けてみることをおすすめします。

朝の洗顔もほどほどに!

お肌は夜寝ている間に作られます。

睡眠中に肌を守るための皮脂や油分が適度に分泌されるので、それを朝の洗顔で全て落としてしまうのはもったいないです。

暑苦しい真夏で朝ベタベタするなら、洗顔石鹸を使うのも良いですが、そうでなければ朝はぬるま湯のみで洗顔する方法を試してみるのもおすすめです。

肌質。肌の状態で洗う回数を減らしても良い理由

洗顔料によっては、朝、晩の2回というように回数が書かれている場合があります。
まずはその通りに洗ってみてつっぱったりかさつくようなら洗う回数を減らしてみましょう。

そもそも、「朝晩の1日2回洗顔する」という固定観念は捨てた方が良いかもしれません。

寝ている間に顔はそんなに汚れませんし、メイクしてない日なら丁寧に洗顔する必要もないでしょう。

肌は年齢ととも皮脂の分泌も減っていきどんどん乾燥しやすくなっているのに、若いころと同じようにしっかり洗っていたら、それだけで乾燥の原因になってしまいます。

肌の状態がいいとゆうことは必要な皮脂が適度にあり、潤いのある状態ですので、美肌にとっては足し算引き算といった意味では洗顔も肌の状態にあった回数で減らすことも大切といえるでしょう。

The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。