40代から始めるアンチエイジングのポイント

あなたはアンチエイジングの言葉の意味を知っていますか?

アンチエイジングとは別名で
抗加齢療法(こうかれいりょうほう)、
坑老化療法(こうろうかりょうほう)
とも呼ばれています。

最初っから難しそうな話ですね
日本語にすると、いきなり難しそうな話に聞こえちゃいますね。汗

人は成長期を過ぎると徐々に老化が始まっていきますが、

その老化を
「遅らせる」

予防法だったり
改善する
という意味があるのです。

ここでは40代を迎えた女性の為のアンチエイジングについてお伝えします。

年齢が肌に表れるアラフォー世代

頭を抱え天を仰ぎ嘆く女性
40代を迎えると年齢がお肌にでてきますよね。
私もアラフォーなのでヒシヒシと感じてます。汗

あなたの身近な周りでも、

  • 年齢より老けて見える方
  • 年齢より若く見える方

いると思います。

人は20代なかばを過ぎた頃から次第にお肌の老化は始まります。

まだ大丈夫と考えてるなら要注意ですよ。
気持ちは若いと思っていたほうが良いと思いますが…

「自分はまだ若い」という気持ちを持つ事はとても大事だと思いますが、お肌に関してはすでに代謝の低下が起きていますからアンチエイジングを行い、老化防止を行ってきましょう。

特に40代は、同世代でも見た目年齢に差がつく世代と言えるのではないでしょうか?

老化が加速する主な原因とは

ベッドにスーツのまま倒れこむOL

食生活による栄養バランスや睡眠、運動による基礎代謝やストレスからくるものや女性ホルモンの乱れ、そしてお肌は紫外線による光老化など様々な原因が重なり合っています。

老化の原因が一つでないように、アンチエイジングの方法も一つではありませんが、40代から始めても遅いという事はありません。
自分のシミやシワなんて見たくないので、私も頑張りたいです!
いいえ。
頑張る必要はないと思います。
少しの意識と、スキンケアを少し見直すだけで変わると思いますので参考にしてみて下さいね。

40代から始めるアンチエイジングのポイント。スキンケア編

頬のうるおいを実感している女性のイメージ

肌の外側からアンチエイジングする一番重要ポイントは、
自分にあった基礎化粧でケアするという点です。

肌質には個人差がありますよね。
自分の肌も、他の人の肌もそれぞれです。

ですので
自分にあった基礎化粧品を探す事が、アンチエイジング成功の近道となっています。

肌質別のアンチエイジングのポイント
乾燥肌なら
乾燥肌であれば皮脂や油分を落としすぎないこと。
そして、保湿は水分だけでなくセラミドをはじめとした脂分も与えてバリア機能を高める事

がポイントです。

脂性肌なら
脂性肌なら、よけいな脂分はしっかり落とす事。
そして、保湿はたっぷりして代謝を整える事

がポイントです。

年齢を重ねるほど乾燥しやすくなる訳とは

肌が突っ張っているのを気にする女性

年齢を重ねると、肌からコラーゲンやヒアルロン酸がどんどん減ってしまいます。

これらが減ることで、乾燥しやすくなってしまいます。

また、年齢を重ねると肌のターンオーバーの周期が遅くなってきます。

グラフ。年齢とターンオーバー(新陳代謝)の関係
ターンオーバーとは
古い皮膚が新しい皮膚にとって代わる、肌の新陳代謝のこと
40代になるとターンオーバーは2か月近くもかかってしまうんですね。
肌が乾燥しやすくなったり、擦り傷の治りが遅くなったりするのもこの理由です。

クレンジングや洗顔で「皮脂」を奪い過ぎないことが肌を乾燥から守る

フェイスタオルを頬にあてる女性

肌の水分を保つためには、「皮脂」の働きも重要です。

皮脂を示す肌断面イラスト

肌をおおっている「皮脂」は水分の蒸発を防いだり、肌にうるおいや柔軟性を与えたり、肌荒れを予防したりしています。

また、肌を弱酸性に保って雑菌が繁殖しにくい環境を作ってくれる役割があるため、肌にはとても大切なものなのです。

皮脂が作る薄い皮膜によって肌を守ってくれるので、健康な肌作りに欠かせない存在なんですよ。
皮脂ってゴワつきや角栓の原因になるから、できるだけ取り除きたいって思ってしまいます。
皮脂って悪者にされがちですけど、
クレンジングや洗顔でカサカサになるほど洗ってると年齢を重ねるほど乾燥しやすくなりますよ。
私はしっかり洗ってサッパリ洗いたいと思ってましたが、そのせいでいつもカサカサでした。汗

皮脂を奪い過ぎて肌をカサカサにしてしまう原因とは

NG!
皮脂を奪い過ぎる主な原因は3つです。
乾燥を防ぐ3つのポイント
  1. クレンジング・石鹸の洗浄力が強過ぎる
  2. ゴシゴシ洗い
  3. 洗う回数
キレイにしたいとゴシゴシ洗ったり、日に何回も洗ったり、洗浄成分が強かったり…です。
表皮のイラスト解説。皮脂は厚さ約0.02mm(ティッシュ1枚ほどの厚さ)、紫外線など外部刺激から守り、うるおいを逃がさないように守る

本来、肌を守っている皮脂が不足すると、あらゆる刺激を受けやすい状態になっています。

乾燥しているとあらゆるトラブルを招きやすい状態にあるため、皮脂を奪いすぎてしまうのはデメリットでしかありません

スキンケアは「クレンジングが大事」って言われる理由なんですね。
そうですね。
保湿にチカラを入れてもうるおいが続かない原因の一つは、洗顔料で皮脂を奪い過ぎていることです。

かゆみやカサつきは乾燥のサイン。季節の変わり目に感じるのも同じ

鏡を見みてスキンケアに不満げな女性

顔の痒みやカサつきにはさまざまな原因がありますが、そのひとつは乾燥しているサインです。

年齢を重ねると体にもともとあったはずの保湿成分「セラミド」が減少し、セラミドが減少すると肌の内部に水分を十分に蓄えられず、肌は乾燥してしまいます。

細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質(主にセラミド)を解説する角質層のイラスト解説

水分が足りないと肌はカサカサして粉をふいたり、バリア機能が低下して敏感になった箇所にかゆみを感じるようになるのです。

関連コラム

顔がかゆい!? 今日からすぐに出来る改善法

2015.02.05

年齢に応じて洗顔の回数を減らし、洗顔の質を高める

洗顔料のイメージ写真

上記でお話したように
年齢を重ねるとだんだん保湿成分のセラミドなどが減っていき、ただでさえ肌が乾燥していってしまいます。
それなのに、過度な洗顔をしていては乾燥を更に悪化をさせる原因になってしまいます。

スキンケアの質を高めるポイント

クレンジング・洗顔
  1. 洗浄成分を優しいものに
  2. 添加物など刺激成分を減らす
保湿化粧品
  1. 美容成分を質の良いものに
  2. 添加物など刺激成分を減らす
成分の質と、よけいな刺激や負担を減らすことが大事なんですね。
40代から始めるアンチエイジングは洗顔料も保湿化粧品もこのポイントにこだわって見直してみることをおすすめしますよ。

保湿の前段階で肌の乾燥を感じてない状態が大事

クレンジングをすすぎ終えた笑顔の女性

保湿化粧品を使う前に一度自分の肌を確認してみてください。

洗顔した後、クレンジングした後の素肌がほど良くシットリした感じがあるのならいいのですが、

  • しばらく突っ張っている
  • カサカサしてる
  • このような状態なら、
    それは乾燥しているため、洗顔が良くなかった、洗顔料が肌に合っていなかったということが挙げられます。

    皮脂が奪われ過ぎているサインですね。
    そうなんです。
    皮脂にはうるおいを守る役割があるとお伝えしましたが、保湿の前段階で乾燥していては保湿化粧品の効果が勿体ないことに。

    肌がしっかり整えられているからこそ発揮してくれますので、保湿の前段階で肌が乾燥を感じていない状態が大事です。

    せっかくの基礎化粧品の効果がない?買い替える前に知っておくべきこと

    紙袋に詰め込まれた基礎化粧品

    保湿化粧品など新たに基礎化粧品に変えて使ってみたけど、「これってイイの?」と良さが全然実感できないことってありませんか?

    割と珍しいことではないと思いますが…苦笑
    実は、これも先ほどご紹介したターンオーバーの変化と関係しています。
    なので、若い頃より長く使って判断しないとモッタイナイことをしているかもしれませんよ。

    年齢によって変わる!化粧品を変えて効果を実感するまでの目安

    化粧品を変えて効果を実感するまで関係しているのがターンオーバーの期間です。

    肌トラブルが起こり、化粧品を変えてもすぐに結果を実感できるのはケースは極わずかで、少なくともだいたい2ヶ月くらいは様子を見る必要があります。

    とはいえ、
    年齢に伴いターンオーバーも遅くなるため効果を実感するには3ヶ月、半年とかかることもあるので必ずしも1~2ヶ月で効果が表れるわけではありません。

    40歳くらいだと55日くらいかかるんですよね。
    そうですね。
    しかも、その1回の周期で見違えるほど変わるわけではありませんから、少し変化を実感できたら続けていくことが大切です。

    季節や体調で効果を実感しにくい状態のときがある

    お肌も体調と同じように、気温の変化などにとても敏感です。
    季節の変わり目は特に、その変化について行けず肌が荒れてしまうという事がよくあります。

    気温や季節の変化に自律神経がストレスを感じてしまい、免疫力や抵抗力が低下してしまうので体調を崩しやすかったり肌の調子が不安定になったりしてしまうので、効果を実感しにくいこともあります。

    また、秋や冬など湿度が低下する季節は乾燥しやすくなりますので、小まめに保湿しなければ、いつもより乾燥しやすくなったりします。

    じっくり使っても肌荒れが出たときは中止しよう

    新しい化粧品を使ったのに肌荒れをしてしまったというときや、今まで使っていた化粧品が急にお肌に合わなくなったりすることもあります。
    肌荒れをしたらすぐに中止することが必須。

    化粧品の使用を止めてお肌の様子を見ます。

    肌荒れをすると、とにかくなんとかしなくちゃ!という気持ちになりますが、まずは化粧品の使用を止めて、お肌の炎症が治まり安定してきたら、石鹸での洗顔を開始したり様子をみながらクリームや美容液など肌に付けるものを少しづつ増やすようにします。

    一方、悪化したり改善されない場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

    スキンケアの中でクレンジングを変えることがもっとも肌の変化を実感しやすい理由

    すすぎ

    クレンジングが肌の変化を実感しやすいのには、肌に1番始めに触れるものだからです。

    スキンケアは大きく分けると3つです。
    1. 洗う
    2. うるおす
    3. 守る(UV)

    いくらクレンジング後の基礎化粧品が良いものを使っていても

    クレンジングで皮脂をとりすぎてカッサカサにしてしまったり、肌に刺激を与えていては効果も半減してしまうため実感もしにくくなります

    クレンジングが良質だと肌が整えられているため、その後の基礎化粧品の効果も得やすくなるため、実感しやすいといった理由があります。

    まずはダブル洗顔を止め、洗顔料の質を高めていこう

    昔はダブル洗顔が主流でしたが、今ではダブル洗顔不要のものがたくさん出回ってきています。

    洗い回数の見直しや「皮脂の奪い過ぎ」を防ぐという意味では、ダブル洗顔は止めた方が良いですよね。
    乾燥を防ぐために効果的ですよ。

    食生活で体の錆びつきを予防しよう。

    顔が錆びついている女性のイメージ

    アンチエイジングの方法は何も基礎化粧品だけではありません。
    日頃の食事でもアンチエイジングは行えます。

    食事は私達人間の体の基礎となります。

    食事を取る時のポイントとしては、
    できるかぎり抗酸化物質を含んでいる食品を取る事で活性酸素で細胞が傷つく事を防いでくれます。

    老化が進む原因としては、この活性酸素が発生し、細胞を傷つけそこからどんどん体の機能が低下していってしまいます。

    その為、老化が早まったり、病気の原因になってしまう場合があるのです。

    美容と健康におすすめの抗酸化食品

    抗酸化物質の代表的な物としては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEとなっています。
    レバーはビタミンAを多く含んでいます。

    カリフラワーや野菜や果物には、ビタミンCが豊富です。
    そしてビタミンEはかぼちゃなどにも含まれています。
    日頃の食事で野菜や果物を入れ、アンチエイジングを行っていきましょう。

    肌は内臓を映し出す鏡

    お肌をキレイに保つ為のスキンケアを考えると、このサプリメントやスムージーでの栄養補給はとても大切と言えます。
    なぜなら、肌荒れやアトピー、炎症など皮膚のトラブルで皮膚科を受診するとビタミン剤が処方される事が多いからです。

    “肌は内臓を映し出す鏡”とも言われますから、
    吹き出物ができたり肌荒れするのは栄養バランスやホルモンバランスの乱れが原因になっていることも考えられます。

    体の健康と美容はきっても切り離せない事と言えるのではないでしょうか。
    定期的に肌荒れを繰り返しているなら…

    もしも、定期的に肌荒れを繰り返しているという方
    生理周期に関係してるかも?と思い当たるなら、
    ⇒もしかしたらPMSかも知れませんよ。

    関連コラム

    思い返すと、生理前に肌荒れを繰り返してる…それってPMSかも

    2015.07.21

    まとめ

    最後までご覧いただいてありがとうございました!

    最後にポイントをまとめますと、スキンケアはクレンジングの質から見直してみることをおすすめしますよ。
    私は「落ちればイイんでしょ」と安価なものを使っていましたが、肌に優しいものに変えたら「早く変えれば良かった」と実感するのが早かったです。
    洗顔料は「皮脂の奪い過ぎを防ぎ」「うるおいを守る」目的もありますから、素肌が持つ本来の「きれいになろう!」とする力を育む助けになりますよ。
    The following two tabs change content below.

    mai(アラサー・敏感肌)

    ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。