無添加化粧品にも種類がある!単に「無添加」というだけで優しいとは限らない

合成着色料・合成香料・パラベン・鉱物油不使用
化粧品のパッケージやHPなんかでも無添加化粧品と表記があるだけで、なんとなく安心感がありますよね。
たしかにそうですよね。
でも単に無添加と言っても様々な成分に種類があり、化粧品を選ぶ私たちがしっかり見定める目を持って見極めなければ、肌にとって余計な刺激を与えてしまう事にもなりかねません。

こちらでは、無添加の定義や違いについてご紹介しますので、肌の弱い方はもちろん今まで無添加コスメを選ぶよう心がけてきたけど実際どうなの?と、疑問をお持ちの方も参考にして頂ければ幸いです。

特に肌の弱い方や混合肌になってしまっている方、余計な負担や刺激を減らして老化予防したい方に参考にして頂きたい内容ですよ。

無添加は言ったもん勝ち、肌に優しい保証はなし

メガホンで叫ぶ女性の後ろ姿

近年のケミカルブームで、無添加を基準に化粧品を選ぶ女性が増えています。

しかし、無添加化粧品でも実は肌に優しくない商品もたくさんあります。
というのも、結論から言いますと無添加化粧品と名乗るための明確な基準はないからです。

香料にしろ着色料にせよ、なんらかの成分が一種類でも入っていなければ、無添加と表記できます。

つまり、今の化粧品はほとんどが無添加と言えるようになってきています。

天然成分も中身は化学物質、合成成分も原料は天然成分

分子構造のイメージ写真

化粧品やシャンプー、育毛剤など無添加100%などと書かれていても、化学物質ゼロで〝天然成分のみ”とは限りません。

この世に、化学物質を含まないものはほとんどありません。

例えば
水はH2Oという化学物質です。

同様に植物オイルのような天然成分も、その実態は化学物質の複合体。
一方、どんな合成物質も人がゼロから作ることはできません。

合成の界面活性剤や防腐剤も、原料は天然成分です。

極端な話に聞こえるかもしれませんが、天然か合成かの線引きは簡単ではないという事です。汗

すべての合成物質は天然成分がベース

化学合成物質は、人間がゼロから作っているわけではなく
ほぼ例外はなく、原料は天然成分。

界面活性剤や防腐剤、香料、着色料、紫外線吸収剤などすべて。

刺激のある界面活性剤として悪いといわれるラウリル硫酸ナトリウムは、ヤシ油ベースの脂肪酸が原料です。

シリコーンは鉱物が原料です。

合成、天然、天然由来の違い

少し紛らわしいのですが、化粧品を探していたらよく目にする「合成成分、天然成分、天然由来成分」の違いについて簡単にご紹介します。
合成成分とは

合成成分は天然から採取したものを原料にして、それを微生物発酵させたり、ほかの化学成分と反応させたりして作った成分。

天然成分とは

天然成分は天然から採取したまま、手を加えていない成分。
ただし、天然だからといって必ず優しいわけではありません。

天然由来成分とは

天然由来成分は、天然から採取したものを原料にして作った成分。

つまり、原料が天然物ならそれが合成界面活性剤でも天然由来といえます。
しかし、合成化合物もほとんどが天然原料から作ったもの。

オーガニックって天然由来と違うの?

天然由来は上記にお話した通りですが、
オーガニックとは肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られたもののことです。

オーガニックコスメは全てオーガニックではない

オーガニックコスメといえば、肌に優しくて体にも良い影響を与えるイメージがありますよね。

肌を健康に保つという効果が期待されていますが、オーガニックコスメの中には肌に悪影響を及ぼす危険なものもあります。

無添加と同じでオーガニックにも規定がないため、すべてのオーガニックが安心できるとは限りません。

また、オーガニックコスメと謳っていても、オーガニック成分が入っているだけで、その化粧品に配合される全ての成分がオーガニックでできているとは限りませんので、オーガニック化粧品を選ぶ際にはこのポイントもチェックです。

天然の植物でもかぶれたり、湿疹やアレルギーを起こしたり、人によっては肌に合わないものってありますよね。
ひとくくりに「オーガニック=安心・安全」とは言えないということです。
敏感肌って面倒ですよね。
そうですね。
同じ敏感肌の人が「この化粧品イイよ」といっても、自分には合わない。というケースもありますからね。

敏感肌が特に注意して避けるべき添加物はある?

コットンを頬に当ててスキンケアする女性
では。敏感肌や肌の弱い方が、特に注意したい添加物についてここでご紹介しますね。

無香料、無着色、無防腐剤などなど、これらは肌質や好みで人によって重要性は異なるでしょう。

抑えておきたいポイントとしては、
合成香料はアレルギーが、鉱物油は乾燥を招くことがあるので、配合量が多い場合は注意が必要。

特に肌が弱く敏感肌の方は、合成着色料や合成香料、アルコールもアレルギーのリスクがあるため、配合量が多いものは避けたほうがいいでしょう。

特に、見た目や香りって、基礎化粧品の本来の目的とは関係ないですものね。
合成の香料や着色料は比較的避けやすい成分とも言えます。

パラベンや防腐剤フリーってホントに防腐剤が入ってないの?

肌のデリケートな方が避けたい成分として、防腐剤もありますよね。
パラベンなんかは害があるから良くないといわれていますが…。

防腐剤フリーなのに、消費期限がない化粧品は化粧品基準にない成分で防腐しています。
中には精油や殺菌剤といった刺激の強い成分も。

エタノールなどの比較的安心な成分もありますが、防腐効果を出すには高濃度にせざるをえず、普通の防腐剤より刺激が強くなりがちです。

実は入っているかも?キャリーオーバー成分について

無添加と言っていても、実は添加されている可能性があるというお話です。
キャリーオーバーとは
キャリーオーバー成分とは、化粧品製造メーカーで添加物を加えていなくても、原料メーカーが添加したものについては記載する必要がないということ。

化粧品製造メーカーが「無添加」と言っていても、
原材料を仕入れた段階で、添加物が入っている可能性がある
ということです。

ここまでくると、何を信用していいかわからなくなりますね。
そうですね。
ポイントをおさえつつも、あまり神経質になり過ぎないことが大事かもしれませんね。

無添加化粧品を選ぶ基準

疑い始めるとキリがない化粧品ですが、
基礎化粧品を選ぶポイントは、信頼度の高いメーカーを見極めることも大事だと感じています。簡単ではありませんが…

化粧品を減らすこと。
一つのポイントとして、化粧品を減らすことも大事。
化粧品を減らすことは、添加物や合成成分など肌に刺激となる成分を減らすことにも繋がります。

また、私たちの肌には「キレイになる」「健康であろう」とするチカラ、自然治癒力が備わっています。

メイクする以上、クレンジングは欠かせませんよね。
そうですね。
クレンジングや石鹸などの洗顔料は、優しいもので天然のバリア成分である皮脂の奪い過ぎを防ぎ、保湿化粧品は不足しがちな成分を補うだけで必要以上に甘やかさない。
という発想でスキンケアすることをおすすめしますよ。
今まで複数の化粧品に頼ったケアを続けてきた方にとっては、化粧品を減らすことは不安も大きいでしょうね。
そうですよね。
少し時間はかかるかもしれませんが、化粧品を減らしたケアを続けると皮膚も慣れてきてますから、少しずつでもシンプルなスキンケアを目指して減らしていくことをおすすめしますよ。

敏感肌で使って良かったクレンジング特集

スキンケアは最低限、何が必要?

2018.04.07

化粧品をやめるだけで美肌になれる?!引き算のスキンケア

2017.06.17
The following two tabs change content below.

mai(アラサー・敏感肌)

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクコースを卒業し美容師でネイルやメイクの資格も保有しヘアメイクの仕事に従事(現在育児休業中)。敏感肌で10代から肌や髪のトラブルに悩まされてきて自ら学んだ知識を自分の素肌と髪を実験台に試してきたプロ兼美容マニア。トラブルが出てから対策するのではなく、予防のためのヘアケアとスキンケアにこだわった情報を発信しています。